BIND 9.xに、DNSサービスが停止する緊急の脆弱性(JPRS)

2016年1月21日(木) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
BIND 9.xに、DNSサービスが停止する緊急の脆弱性(JPRS)の画像
BIND 9.xに、DNSサービスが停止する緊急の脆弱性(JPRS)
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は1月20日、BIND 9.xの脆弱性(DNSサービスの停止)について緊急の注意喚起を発表した。BIND 9.0.x以降のすべてのバージョン(9.10系列:9.10.0~9.10.3-P2、9.9系列:9.9.0~9.9.8-P2、9.9.3-S1~9.9.8-S3、それ以外の系列:9.3.0~9.8.8)のBIND 9が該当する。この脆弱性は、該当するBINDにおける実装上の不具合により、namedに対する外部からのDoS攻撃が可能となる脆弱性(CVE-2015-8704)が、開発元のISCから発表されたというもの。ISCでは、本脆弱性の深刻度(Severity)を「高(High)」と評価している。

JPRSでは解決策として、本脆弱性を修正したパッチバージョン(BIND 9.10.3-P3/9.9.8-P3)への更新、あるいは各ディストリビューションベンダからリリースされる更新の適用を、速やかに実施することを挙げている。なおJPRSは同日、9.10系列:9.10.0~9.10.3-P2のBIND 9にも、実装上の不具合によりnamedに対する外部からのDoS攻撃が可能となる脆弱性(CVE-2015-8705)が存在するとして注意喚起を発表しており、バージョンアップを強く推奨している。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
権威DNSサーバの設定不備による情報流出について注意を呼びかけ(JPRS)

JPRSは、権威DNSサーバの設定不備による情報流出の危険性と設定の再確認について注意喚起を発表した。

icon
BIND 9.xに、DNSサービスが停止する複数の脆弱性(JPRS)

JPRSは、BIND 9.xの脆弱性(DNSサービスの停止)について緊急の注意喚起を発表した。

icon
Internet Week 2015 セキュリティセッション紹介 第9回「今日から始めるDNSSECバリデーション」についてJPRSの米谷嘉朗氏が語る

「DNSSECを利用し、機能させるためには二つの要素が必要です。「名前を管理する人が対応すべきもの」「名前を参照する人が対応するもの」です。今回のチュートリアルは、後者の「名前を参照する人が対応するもの...

icon
BIND 9.10.2 / 9.9.7にDNSサービスが停止する脆弱性(JPRS)

JPRSは、BIND 9.10.2 / 9.9.7の脆弱性(DNSサービスの停止)について緊急の注意喚起を発表した。

icon
BIND 9.1.0以降のすべてのバージョンが影響を受ける脆弱性(JPRS)

JPRSは、BIND 9.xの脆弱性(DNSサービスの停止)について緊急の注意喚起を発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト