2016.06.01(水)

組織向けにカスタマイズされた攻撃ツールで行うサイバー攻撃演習(PwCサイバーサービス)

経済社会 新製品・新サービス

PwCサイバーサービス合同会社は1月18日、組織の実利用環境へ疑似的なサイバー攻撃を仕掛け、セキュリティ体制や対策を検証する、サイバー攻撃演習「レッドチーム演習」を2月1日より提供開始すると発表した。同社でサイバー攻撃の観測・分析活動を行っている専門家が攻撃者となり、サイバーキルチェーンの各ステップに沿って標的型攻撃を行う。

各組織向けにカスタマイズした攻撃ツールを使用し、社会生活に影響を及ぼす重要インフラや機密情報を扱う組織内インフラなどに対して実行する。より現実に近い状況でサイバー攻撃を体験していく中で、サイバーセキュリティ態勢が適切に構築・運用されているかを把握し、具体的な問題点を洗い出す。また、事前に顧客の環境に合わせた脅威シナリオの検討や、実現可能性の評価を行い、現実的かつ具体的なサイバー攻撃を実行することで、より効果の高い評価およびフィードバックを実現するとしている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

経済社会 アクセスランキング

  1. 次期「ウイルスバスター クラウド」ベータ版を公開、フィードバック募集(トレンドマイクロ)

    次期「ウイルスバスター クラウド」ベータ版を公開、フィードバック募集(トレンドマイクロ)

  2. キヤノン電子「SML」とFortinet製品の連携で、標的型攻撃とマイナンバー対策(図研ネットウエイブ)

    キヤノン電子「SML」とFortinet製品の連携で、標的型攻撃とマイナンバー対策(図研ネットウエイブ)

  3. マイクロソフト社製品向けメール情報漏えい対策ツールを無償提供(SBT)

    マイクロソフト社製品向けメール情報漏えい対策ツールを無償提供(SBT)

  4. 2010年度インターネット脅威年間レポート 他(ダイジェストニュース)

  5. 横浜市港湾病院の元医師が患者約1万3千人分の個人情報を持ち出し

  6. ファイア・アイの標的型攻撃対策製品が新旧「一太郎」に対応(ファイア・アイ、ジャストシステム)

  7. データセンターのセキュリティレベルを向上、映像監視システムを用いたソリューションを発売(ヴイ・インターネットオペレーションズ)

  8. 米Symantecが統合ソリューションのロードマップを発表(シマンテック)

  9. EC向けの新決済サービス「BuySmart」の提供を開始(サイバーキャッシュ)

  10. 預金者の口座を許諾なしに危険にさらす「残高照会サービス」

アクセスランキングをもっと見る

PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内
PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内

PREMIUM 会員登録するとすべての会員限定記事が閲覧いただけます。

×