2016.07.27(水)

地図ソフトのダウンロード販売で「ZENRIN」に類似した標章を使用し逮捕(ACCS)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は1月14日、福岡県警サイバー犯罪対策課と西署により、岡山県浅口郡の会社員男性(36歳)が商標法違反の疑いで逮捕されたことを著作権侵害事件として発表した。同協会会員から報告があったという。

男性は2015年3月7日頃、商標利用に関して何ら権限がないのにもかかわらず、いわゆる「ダウンロード販売」を行うため、インターネットオークションにおいて電子地図ソフトの出品情報に株式会社ゼンリンが商標権を有する「ZENRIN」に類似する標章を使用し、同社の商標権を侵害した疑いが持たれている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. 外国籍サーバからの不正アクセスで8,985件の個人情報が流出(グラフィック)

    外国籍サーバからの不正アクセスで8,985件の個人情報が流出(グラフィック)

  2. ロゴの違法表示で商標権侵害、懲役1年罰金100万の実刑判決(BSA)

    ロゴの違法表示で商標権侵害、懲役1年罰金100万の実刑判決(BSA)

  3. 業務委託先のANAテレマ-ト株式会社が顧客との通話音声記録235件を紛失(ANA)

    業務委託先のANAテレマ-ト株式会社が顧客との通話音声記録235件を紛失(ANA)

  4. CADソフト「ARCHITREND Z」を海賊版と知りながら1年以上業務で使用(ACCS)

  5. 「JTB」や「るるぶ」などで最大793万名の個人情報漏えいの可能性(ジェイティービー)

  6. 「Adobe Acrobat」などの海賊版をショッピングサイトで販売、1億円以上売上(ACCS)

  7. 発売前の「ONE PIECE」の誌面を公開していた中国人男性3名を逮捕(ACCS)

  8. 「クレヨンしんちゃん」「ブラック・ジャック」の動画を「FC2」で公開(ACCS)

  9. 違法音楽配信サイトを運営、音楽ファイルなどを公開していた男性を逮捕(JASRAC)

  10. 不正コピーの疑いで三重県所在の会社を証拠保全(BSA)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×