地図ソフトのダウンロード販売で「ZENRIN」に類似した標章を使用し逮捕(ACCS)

2016年1月15日(金) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
地図ソフトのダウンロード販売で「ZENRIN」に類似した標章を使用し逮捕(ACCS)の画像
地図ソフトのダウンロード販売で「ZENRIN」に類似した標章を使用し逮捕(ACCS)
社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は1月14日、福岡県警サイバー犯罪対策課と西署により、岡山県浅口郡の会社員男性(36歳)が商標法違反の疑いで逮捕されたことを著作権侵害事件として発表した。同協会会員から報告があったという。

男性は2015年3月7日頃、商標利用に関して何ら権限がないのにもかかわらず、いわゆる「ダウンロード販売」を行うため、インターネットオークションにおいて電子地図ソフトの出品情報に株式会社ゼンリンが商標権を有する「ZENRIN」に類似する標章を使用し、同社の商標権を侵害した疑いが持たれている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
動画配信支援ツールで「ヴァントレッド」など無断配信、6名を送致(ACCS)

ACCSによると、大阪府警サイバー犯罪対策課、箕面署、茨城県警生活環境課、取手署の共同捜査本部は、動画配信支援ツールを用いてアニメ作品を無断配信していた被疑者6名を、著作権法違反の疑いで送致した。

icon
「Microsoft Office」を不特定ユーザに送信可能な状態にしていた男性を逮捕(ACCS)

ACCSによると、熊本県警サイバー犯罪対策課と山鹿署は、オンラインストレージサーバにビジネスソフトのプログラムを記録・蔵置していた大分県の会社員男性を、著作権法違反の疑いで逮捕した。

icon

ACCSによると、京都府警察、三重県警察、島根県警察、山口県警察、高知県警察の合同捜査本部は、海外の動画配信サイトのサーバを通じてアニメ作品を無断配信していた大阪市の会社員男性を著作権法違反の疑いで逮...

icon
「X-TRAIL」に類似した名称の商品をネットオークションで販売、男性を逮捕(ACCS)

ACCSによると、静岡県警サイバー犯罪対策課と清水署は、権利者に無断で商標権を侵害する自動車用部品を販売しようとした静岡県の自動車部品販売業の男性を商標法違反で逮捕した

icon
地図ソフトをオークションで販売、オンラインストレージで提供の男性を逮捕(ACCS)

ACCSによると、熊本県警サイバー犯罪対策課と玉名署は、オンラインストレージサーバに地図ソフトのデータを記録・蔵置していた福岡県北九州市の無職男性を著作権法違反の疑いで逮捕し、熊本地検へ送致した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト