SQLインジェクションを使用してSEOを操作するキャンペーンを確認(アカマイ)

2016年1月15日(金) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOキャンペーンのイメージの画像
SEOキャンペーンのイメージ
アカマイ・テクノロジーズ合同会社(アカマイ)は1月14日、米Akamai社によるプレスリリースの抄訳として、同社が発行した新たなサイバーセキュリティの脅威に関する報告書(Threat Advisory)について発表した。同社のThreat Research(脅威研究)部門は、SQLインジェクションを使用して標的のWebサイトを攻撃し、検索エンジン最適化(SEO)に影響を与える高度なキャンペーンを確認したという。

攻撃を受けたWebサイトは隠されたHTMLリンクを配信し、検索エンジンボットを混乱させ、ページのランキングに誤った影響を与える。Threat Research部門が2015年第3四半期の2週間にわたりAkamai Intelligent Platformから集められたデータを分析したところ、3,800以上のWebサイトに対する攻撃およびさまざまな活動に参加した348のユニークIPアドレスを観測したという。それにより、隠された不正なリンクを数百のWebアプリケーションで識別し、一般的な単語の組み合わせで検索した際に、「cheating stories」アプリケーションが検索結果の1ページ目に表示された。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
3種類の新たなリフレクションDDoS攻撃を観測、アドバイザリを公開(アカマイ)

アカマイは、米Akamai社によるプレスリリースの抄訳として、同社が発行した新たなサイバーセキュリティの脅威に関するアドバイザリ(Threat Advisory)について発表した。

icon
幅広い業種を狙うグループ「DD4BC」がDDoS攻撃だけでなくSNSも活用(アカマイ)

アカマイは、新たなサイバーセキュリティのケーススタディとして、ビットコイン恐喝グループDD4BCからのDDoS攻撃が増加していることについて詳細を発表した。

icon
最大214Mppsという過去最大規模のDDoS攻撃を観測--四半期レポート(アカマイ)

アカマイは、2015年第2四半期「インターネットの現状」レポートを発表した。レポートによると、分散型サービス妨害(DDoS)やWebアプリケーション攻撃によって引き起こされる脅威は四半期ごとに増大しているという。

icon
旧式の「RIPv1」を利用したDDoSリフレクション攻撃が増加(アカマイ)

アカマイは、同社のPLXsertを通して新しい「サイバーセキュリティThreat Advisory(脅威アドバイザリ)」を発行した。

icon
SSDPによるDDoS攻撃が増加、将来的な懸念も指摘--四半期レポート(アカマイ)

アカマイは、2015年第1四半期「インターネットの現状」レポートを発表した。DDoS攻撃の増加傾向が加速している。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト