2016.07.24(日)

セキュリティ人材育成のエコシステム実現に向け、産業横断で取り組み(産業横断サイバーセキュリティ人材育成検討会)

製品・サービス・業界動向 業界動向

産業横断サイバーセキュリティ人材育成検討会は1月14日、産業界が必要とする人材像の明確化と人材育成のためのエコシステム実現に向けて取り組みを開始すると発表した、同検討会は2015年6月に日本電信電話株式会社、日本電気株式会社、株式会社日立製作所などにより発足した。今回の取り組みは、同検討会の成果として、日本企業の組織構造とセキュリティ業務との関係についての実態分析を行い、必要な人材像の定義・見える化に向けた課題を抽出した結果によるもの。

日本企業の組織構造とセキュリティ業務との関係を踏まえ、必要な人材像の定義・見える化に向けた業界共通での課題として、同検討会は「セキュリティ業務(機能)は企業組織内で広範囲に分散しており、CSIRT等のセキュリティ専門組織の人材育成だけでは不十分であること」「ユーザー企業としてもセキュリティ人材を育成または採用し、企業として活用・維持し続けることが可能な仕組みが必須であること」という課題を挙げている。

今後は、業界および階層別(レベル別)の人材像定義に向け検討範囲の拡大を予定しており、定義の完了後は、各業界、各企業の特徴を踏まえた人材不足の実態を分析し、具体的な人材育成施策の検討を行っていくとしている。
《吉澤 亨史》

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 「Pokemon GO」の日本配信に伴い安全対策を公開、規約を違反したユーザーにはペナルティも(ポケモン)

    「Pokemon GO」の日本配信に伴い安全対策を公開、規約を違反したユーザーにはペナルティも(ポケモン)

  2. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

    日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  3. 神社境内地での「Pokemon GO」プレイを禁止に(出雲大社)

    神社境内地での「Pokemon GO」プレイを禁止に(出雲大社)

  4. サンドボックス機能を導入したエンドポイントセキュリティサービス(エフセキュア、ソフトバンク)

  5. 32種のセキュリティ事故に立ち向かう無償ボードゲーム、CSIRT 演習用(トレンドマイクロ)

  6. 国家機関発行の身分証明書や運転免許証等の印刷にも対応するプリンタを発売(HID Global)

  7. ソフトウェア・プロテクション・システム「Hasp4」がクロスプラットフォームに対応(アラジンジャパン)

  8. 独自構造のサンドボックスをSaaS型セキュリティサービスに採用(フォーティネットジャパン)

  9. スマートフォンやSNSの中学生向け安全教室開催(トレンドマイクロ)

  10. 専任IT管理者がいない中小企業向けに、UTMを中心としたワンストップサービス(リコー)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×