セキュリティ人材育成のエコシステム実現に向け、産業横断で取り組み(産業横断サイバーセキュリティ人材育成検討会)

2016年1月15日(金) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
サイバーセキュリティ人材育成のエコシステム(イメージ)の画像
サイバーセキュリティ人材育成のエコシステム(イメージ)
産業横断サイバーセキュリティ人材育成検討会は1月14日、産業界が必要とする人材像の明確化と人材育成のためのエコシステム実現に向けて取り組みを開始すると発表した、同検討会は2015年6月に日本電信電話株式会社、日本電気株式会社、株式会社日立製作所などにより発足した。今回の取り組みは、同検討会の成果として、日本企業の組織構造とセキュリティ業務との関係についての実態分析を行い、必要な人材像の定義・見える化に向けた課題を抽出した結果によるもの。

日本企業の組織構造とセキュリティ業務との関係を踏まえ、必要な人材像の定義・見える化に向けた業界共通での課題として、同検討会は「セキュリティ業務(機能)は企業組織内で広範囲に分散しており、CSIRT等のセキュリティ専門組織の人材育成だけでは不十分であること」「ユーザー企業としてもセキュリティ人材を育成または採用し、企業として活用・維持し続けることが可能な仕組みが必須であること」という課題を挙げている。

今後は、業界および階層別(レベル別)の人材像定義に向け検討範囲の拡大を予定しており、定義の完了後は、各業界、各企業の特徴を踏まえた人材不足の実態を分析し、具体的な人材育成施策の検討を行っていくとしている。
《吉澤 亨史》
RSS

特集・連載

ピックアップフォト