2016.07.31(日)

日本時間13日にIEのサポートポリシーを変更、最新版以外のサポートを終了(マイクロソフト)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 マイクロソフトは日本時間13日、「Internet Explorer」(IE)のサポートポリシーを変更。最新版以外のサポートを終了した。また同日から「Windows 8」も、セキュリティ更新が終了する。

 IEは、各オペレーションシステムの最新版のみがサポート対象となる。たとえば、Windows Vista(SP2)はIE 9、Windows 7はIE 11、Windows 8.1はIE 11のみ、サポートが行われ、それより古いバージョンにはセキュリティ更新プログラムなどの提供は行われない。IE最新版はマイクロソフトサイトから導入可能だ。

 同時に、「Windows 8」もライフサイクルが終了するタイミングを迎え、サポートが終了。セキュリティ更新プログラムなどの提供が行われなくなる。「Windows 8」は、「Windows 8.1」に更新することで、継続的に利用できる。

 OSおよびブラウザについては、最新版を利用することで、各種脆弱性対策になるほか、さまざまな新機能が利用可能となる。WindowsおよびInternet Explorerについては、早急にアップデートすることが望ましいだろう。

「Windows 8」「古いIE」は本日よりサポート対象外

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. Windows 10無料相談窓口開設、製品利用有無に関わらず利用可(トレンドマイクロ)

    Windows 10無料相談窓口開設、製品利用有無に関わらず利用可(トレンドマイクロ)

  2. Windows 10へのアップグレード、確認・留意が必要な事項について注意を呼びかけ(消費者庁)

    Windows 10へのアップグレード、確認・留意が必要な事項について注意を呼びかけ(消費者庁)

  3. WebフィルタリングソフトとFireEyeを連携、C&Cサーバとの通信を遮断(ALSI)

    WebフィルタリングソフトとFireEyeを連携、C&Cサーバとの通信を遮断(ALSI)

  4. マイナンバーカードの公的個人認証サービスを活用した本人確認ソリューションを提供開始(NTTデータ)

  5. 次世代FWをバージョンアップ、Azureのクラウド環境の一元管理を可能に(バラクーダネットワークス)

  6. サイトの閲覧を制限するPS4向けのWebセキュリティサービスを提供開始(トレンドマイクロ)

  7. 八重洲に産官学連携の寄附講座、サイバーセキュリティのトップガンを育成(東京大学大学院情報学環)

  8. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  9. 「ウイルスバスター クラウド 10」パッケージ版を店頭発売(トレンドマイクロ)

  10. 「脆弱性診断士スキルマップ」を作成、魅力ある職業の認知を目指す(OWASP Japan、JNSA)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×