日本時間13日にIEのサポートポリシーを変更、最新版以外のサポートを終了(マイクロソフト)

2016年1月13日(水) 23時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加

「Windows 8」「古いIE」は本日よりサポート対象外

「Windows 8」 (C) Getty Imagesの画像
「Windows 8」 (C) Getty Images
各OSとIEのバージョンの関係の画像
各OSとIEのバージョンの関係
Windows 8ライフサイクルに関する説明(抜粋)の画像
Windows 8ライフサイクルに関する説明(抜粋)
 マイクロソフトは日本時間13日、「Internet Explorer」(IE)のサポートポリシーを変更。最新版以外のサポートを終了した。また同日から「Windows 8」も、セキュリティ更新が終了する。

 IEは、各オペレーションシステムの最新版のみがサポート対象となる。たとえば、Windows Vista(SP2)はIE 9、Windows 7はIE 11、Windows 8.1はIE 11のみ、サポートが行われ、それより古いバージョンにはセキュリティ更新プログラムなどの提供は行われない。IE最新版はマイクロソフトサイトから導入可能だ。

 同時に、「Windows 8」もライフサイクルが終了するタイミングを迎え、サポートが終了。セキュリティ更新プログラムなどの提供が行われなくなる。「Windows 8」は、「Windows 8.1」に更新することで、継続的に利用できる。

 OSおよびブラウザについては、最新版を利用することで、各種脆弱性対策になるほか、さまざまな新機能が利用可能となる。WindowsおよびInternet Explorerについては、早急にアップデートすることが望ましいだろう。
《冨岡晶@RBB TODAY》

注目ニュース

icon
月例セキュリティ情報9件を公開、最大深刻度「緊急」は6件(日本マイクロソフト)

日本マイクロソフトは、2016年1月のセキュリティ情報を公開した。公開されたセキュリティ情報は9件で、このうち最大深刻度「緊急」は6件、「重要」は3件となっている。

icon
エクスプロイトキットとの遭遇率はいまだ高い--マイクロソフトレポート(マイクロソフト)

日本マイクロソフトは、「マイクロソフト セキュリティ インテリジェンス レポート(SIR)第19版」の日本語版を公開した。

icon
米国時間1月12日で「Windows 8」のサポートが終了、アップデートを呼びかけ(マイクロソフト)

 マイクロソフトでは、自社製品のサポートについて、ライフサイクルを定めている。それに基づき、「Windows 8」は、来週1月12日(米国時間)でサポートが終了する。同社では「Windows 8.1」へのアップデートを呼...

icon
最新版以外のIEがサポート対象外になるまで1カ月を切る、移行を呼びかけ(IPA)

IPAは、マイクロソフトが提供するWebブラウザ「IE」のサポートポリシー変更について注意喚起を発表した。マイクロソフトは2016年1月12日(日本時間)より、IEのサポートポリシーを変更、サポート対象が「各 Windo...

icon
2016年1月13日以降は各OS最新版Internet Explorer以外のサポートが終了、アップグレードを呼びかけ(マイクロソフト)

 マイクロソフトは2014年8月7日に、「Internet Explorerのサポートポリシーについて、重要なお知らせ」を発表。それに基づき、2016年1月13日(米国時間)以降は、最新版以外のサポートが終了することとなる。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト