2016.06.28(火)

権威DNSサーバの設定不備による情報流出について注意を呼びかけ(JPRS)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は1月12日、権威DNSサーバの設定不備による情報流出の危険性と設定の再確認について注意喚起を発表した。アクセスコントロールが適切に設定されておらず、必要なIPアドレス以外からのゾーン転送要求を許可する状態になっている権威DNSサーバが、日本国内に一定数存在している旨の情報を同社が入手したことから、今回の注意喚起に至ったという。

権威DNSサーバは、ゾーン転送要求を受けてゾーンデータを転送する。そのため、権威DNSサーバにおいてゾーン転送に関するアクセスコントロールの設定に不備があると、外部からの不正なゾーン転送要求により意図しない形でゾーン転送が実行され、悪意を持つ第三者にゾーンデータ全体が流出する可能性がある。同社ではその結果、ポートスキャンの実行やネットワーク構成の推測、サービス提供形態の分析など、潜在的な脅威の増加につながる危険性を指摘している。

同社ではこの問題について、「プライマリサーバにおいて、セカンダリサーバからのゾーン転送要求のみを許可する」「セカンダリサーバにおいて、すべてのゾーン転送要求を拒否する」といった、適切なアクセスコントロールを実施するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. 複数の「ひかり電話ルータ」および「ひかり電話対応機器」に重大な脆弱性(JVN)

    複数の「ひかり電話ルータ」および「ひかり電話対応機器」に重大な脆弱性(JVN)

  2. Apache Commons FileUpload のマルチパートリクエストの処理に起因する DoS の脆弱性(Scan Tech Report)

    Apache Commons FileUpload のマルチパートリクエストの処理に起因する DoS の脆弱性(Scan Tech Report)

  3. Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性

    Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性

  4. WordPress用プラグイン「Welcart e-Commerce」に複数の脆弱性(JVN)

  5. OS Xなどで使用される「mDNSResponder」に複数の脆弱性(JVN)

  6. コレガ製の複数の無線LANルータに脆弱性(JVN)

  7. 2013年にサポートが終了している「Apache Struts1」に複数の脆弱性(JVN)

  8. 「ntpd」に複数の脆弱性、アップデートを呼びかけ(JVN)

  9. 「Apache Struts 2」に深刻な脆弱性、バージョンアップを強く推奨(ラック)

  10. 「Adobe Flash Player」に関する定例外のセキュリティ情報(緊急)を公開(日本マイクロソフト)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×