「福島競馬場シニアカード会員」の個人情報を記録したUSBメモリを紛失(JRA)

2015年12月25日(金) 09時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAは12月20日、福島競馬場において「福島競馬場シニアカード会員」の個人情報を記録したUSBメモリを紛失したことが判明したと発表した。

これは12月13日に福島競馬場スタンド1階整理本部で業務に使用したUSBメモリが、同日16:50頃に紛失していることに気付いたというもの。

当該USBメモリには、「福島競馬場シニアカード会員」の個人情報(氏名、住所、電話番号、生年月日)3,168名分が保存されているという。ただしUSBメモリにはセキュリティ対策がされおり、内部データが流出する可能性は極めて低いとのこと。
《ScanNetSecurity》

注目ニュース

icon

関西大学は12月11日、個人情報を記録したUSBメモリの紛失があったと発表した。

icon
スマートデバイスを飲食店に置き忘れるケース、忘年会シーズンがほぼ半数(MOTEX)

MOTEXは、「スマートデバイスの紛失実態調査」の結果について、同社の「NO MORE 情報漏えいプロジェクト」において発表した。

icon

群馬大学医学部附属病院は11月27日、患者の個人情報が記録されたUSBメモリを院内で紛失したと発表した。

icon

愛知県教育委員会は11月12日、あま市の県立五条高等学校の男性教諭が模擬試験成績等のデータをUSBメモリに入れて校外に持ち出し紛失したと発表した。

icon
市立小学校の児童632人分の個人情報を記載した児童名簿を紛失(東京都立川市教育委員会)

 立川市教育委員会は10月20日、立川市内の市立小学校において児童632人分の個人情報を記載した児童名簿を紛失したと発表した。名簿には、児童の氏名や生年月日、住所などが記載されており、誤廃棄した可能性が高...

RSS

特集・連載

ピックアップフォト