Buffalo製無線LANルータに、不十分なランダム値を使用する問題(JVN)

2015年12月14日(月) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
Buffalo Americas製の無線LANルータ「WZR-600DHP2」の画像
Buffalo Americas製の無線LANルータ「WZR-600DHP2」
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は12月11日、Buffalo Americas社が提供する無線LANルータ「Buffalo WZR-600DHP2」のファームウェアに不十分なランダム値を使用している問題が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。CVSS v3による最大Base Scoreは5.8。

「WZR-600DHP2 firmware version 2.09」「WZR-600DHP2 firmware version 2.13」「WZR-600DHP2 firmware version 2.16」には、不十分なランダム値を使用している問題(CVE-2015-8262)が存在する。この脆弱性が悪用されると、リモートの攻撃者にDNSレスポンスを偽装され、LAN内の端末を悪意のあるサーバに誘導される可能性がある。なお、現時点で対策方法は公開されていない。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
タクシーの予約や管理ができるフレームワーク「TaxiHail」に複数の脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、Mobile Knowledgeが提供する、利用者がiOSやAndroidあるいはWebからリアルタイムにタクシーを予約したり、その管理が行えるアプリケーションフレームワーク「TaxiHail」に複数の脆弱性が存...

icon
Lenovo用サポートソフト「Lenovo Solution Center」に複数の脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、Lenovoが提供するサポートソフト「Lenovo Solution Center」に複数の脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

icon
EC-CUBE用プラグインにSQLインジェクションの脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、ボクブロックが提供するEC-CUBE用プラグイン「管理画面表示制御プラグイン」にSQLインジェクションの脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

icon
「p++BBS」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、レッツPHP!が提供するBBSシステム「p++BBS」に格納型のクロスサイトスクリプティングの脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

icon
「Videofied Frontel」にサーバと安全でない通信を行う脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、RSI Video Technologies が提供するセキュリティシステムにおいて警報発生時の状態を監視するソフトウェア「Videofied Frontel」がサーバとの通信にセキュアでない独自プロトコルを使用す...

RSS

特集・連載

ピックアップフォト