クラウド型のマルウェア対策、セキュリティ管理、ファイアウォールを発表(ジュニパーネットワークス)

2015年12月10日(木) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
クラウド型のマルウェア対策、セキュリティ管理、ファイアウォールを発表(ジュニパーネットワークス)の画像
クラウド型のマルウェア対策、セキュリティ管理、ファイアウォールを発表(ジュニパーネットワークス)
ジュニパーネットワークス株式会社は12月9日、新たに発表したアーキテクチャ「Juniper Networks Unite」(Juniper Unite)の一部として、アンチマルウェア、セキュリティ管理、ファイアウォールを発表した。エンタープライズ・キャンパスおよびブランチ・ネットワーク向けにクラウドサービスとして提供される。アンチマルウェアである「Sky Advanced Threat Prevention」は、ネットワークに侵入される前に、自動的にすべてのダウンロードファイルとアプリケーションをスクリーニングすることで、マルウェアの脅威から企業を防御するもの。

また、ネットワークセキュリティポリシーおよび管理プラットフォームである「Junos Space Security Director」は大幅に強化され、直感的で使いやすいインタフェースとデザインでネットワーク全体のセキュリティを一元的に管理できるようになった。さらに、次世代ファイアウォールを実現する新たな「SRXシリーズ」は、支店や小規模オフィス向けの「SRX300シリーズ」、大企業の支店あるいは中小規模のエンタープライズ・キャンバス向けに仮想化アーキテクチャを搭載した「SRX1500」のラインアップとなっている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
企業のサイバーセキュリティのリスク管理費用、10年後に38%増加と予測(ジュニパーネットワークス)

ジュニパーネットワークスは、米ランド研究所との協力による調査報告書「The Defender's Dilemma: Charting a Course Toward Cybersecurity」を発表した。

icon
【Interop 2015】次世代ファイアウォールサービスもLinux上のVM上で動作するアーキテクチャに変更予定(ジュニパーネットワークス)

 ジュニパーネットワークスのブースでは、最新のデータセンター/クラウドスイッチである「QFX10002-36Q」を出展していた。

icon
【Interop 2015】パケットフォワーディングとルーティングのアーキテクチャをそのまま仮想化(ジュニパーネットワークス)

 ジュニパーネットワークスは10日、幕張メッセで開催中のInterop Tokyo 2015で、「vMXバーチャルアプライアンス」に関する展示を行った。

icon
【RSA Conference US 2015】高速と安全性を両立するファイアウォール(ジュニパーネットワークス)

業界最速のファイアウォールを展示ブースの中心に設置したジュニパーネットワークスは、SRXシリーズを中心に来場者に紹介。同社シニアディレクター Rebecca Lawson氏は、SRXシリーズの高速性が最大の特長だと語っ...

icon
IoT時代を見据えIBMとジュニパーネットワークスが協業(日本IBM、ジュニパーネットワークス)

米IBMと米ジュニパーネットワークスは、ネットワークの動作に対するリアルタイム洞察を提供する計画を発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト