セキュリティ研究部門「FortiGuard Labs」を日本に開設(フォーティネット)

2015年12月8日(火) 08時09分
このエントリーをはてなブックマークに追加
セキュリティ研究部門「FortiGuard Labs」を日本に開設(フォーティネット)の画像
セキュリティ研究部門「FortiGuard Labs」を日本に開設(フォーティネット)
フォーティネットジャパン株式会社(フォーティネット)は12月4日、同社のセキュリティ研究部門である「FortiGuard Labs」を日本に開設したと発表した。同部門では、世界の脅威動向を絶えずモニタリングし、マルウェアやボットネットの監視、マルウェアのリバースエンジニアリング、シグネチャの作成、ゼロディ攻撃の分析など広範な分野をカバーする活動に200名以上のセキュリティ研究者が従事している。

日本のFortiGuard Labsでは、同部門の脅威インテリジェンスのうち、日本の顧客に有益な情報を日本語で提供するとともに、日本を標的としたサイバー攻撃をプロアクティブに分析し、FortiGuard Labsに情報をフィードバックする。また、日本の各種CERTおよびセキュリティ関連の業界団体と連携し、セキュリティの啓発活動を推進していくとしている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
多層防御を実現する「FortiWeb」製品ファミリーに2製品を追加(フォーティネット)

フォーティネットは、Webアプリケーションファイアウォール「FortiWeb」製品ファミリーに、新たに「FortiWeb-3000E」と「FortiWeb-4000E」を日本市場に投入したと発表した。

icon
次世代FW「FortiGate」にハイエンドおよびミッドレンジモデルを追加(フォーティネット)

フォーティネットは、ハイエンド向け次世代ファイアウォール「FortiGate-3200D」および、ミッドレンジ向けの「FortiGate-600D」を日本市場に投入したと発表した。

icon
UTM機能を搭載した無線LANアクセスポイントと、クラウドサービスを発表(フォーティネット)

フォーティネットは、クラウド連携型のアクセスポイントにセキュリティ機能を搭載したFortiAP-Sシリーズの新製品「FortiAP-S321C」と、アクセスポイントをクラウドで管理する「FortiCloud AP Network」を日本市場...

icon
世界で被害総額3億ドル以上というランサムウェアを分析(フォーティネットほか)

フォーティネットは、クライムウェア「CRYPTOWALL」を詳細分析したホワイトペーパー「Lucrative Ransomware Attacks: Analysis of the CryptoWall Version 3 Threat(高額の身代金を要求するランサムウェア攻撃:...

icon

Capgemini社は、Fortinet社とのグローバル規模での提携を発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト