2016.07.31(日)

セキュリティ研究部門「FortiGuard Labs」を日本に開設(フォーティネット)

製品・サービス・業界動向 業界動向

フォーティネットジャパン株式会社(フォーティネット)は12月4日、同社のセキュリティ研究部門である「FortiGuard Labs」を日本に開設したと発表した。同部門では、世界の脅威動向を絶えずモニタリングし、マルウェアやボットネットの監視、マルウェアのリバースエンジニアリング、シグネチャの作成、ゼロディ攻撃の分析など広範な分野をカバーする活動に200名以上のセキュリティ研究者が従事している。

日本のFortiGuard Labsでは、同部門の脅威インテリジェンスのうち、日本の顧客に有益な情報を日本語で提供するとともに、日本を標的としたサイバー攻撃をプロアクティブに分析し、FortiGuard Labsに情報をフィードバックする。また、日本の各種CERTおよびセキュリティ関連の業界団体と連携し、セキュリティの啓発活動を推進していくとしている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. Windows 10無料相談窓口開設、製品利用有無に関わらず利用可(トレンドマイクロ)

    Windows 10無料相談窓口開設、製品利用有無に関わらず利用可(トレンドマイクロ)

  2. WebフィルタリングソフトとFireEyeを連携、C&Cサーバとの通信を遮断(ALSI)

    WebフィルタリングソフトとFireEyeを連携、C&Cサーバとの通信を遮断(ALSI)

  3. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

    日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  4. サイトの閲覧を制限するPS4向けのWebセキュリティサービスを提供開始(トレンドマイクロ)

  5. 八重洲に産官学連携の寄附講座、サイバーセキュリティのトップガンを育成(東京大学大学院情報学環)

  6. マイナンバーカードの公的個人認証サービスを活用した本人確認ソリューションを提供開始(NTTデータ)

  7. 次世代FWをバージョンアップ、Azureのクラウド環境の一元管理を可能に(バラクーダネットワークス)

  8. Windows 10へのアップグレード、確認・留意が必要な事項について注意を呼びかけ(消費者庁)

  9. サイバー攻撃統合分析プラットフォーム「NIRVANA改」が大幅に機能強化(NICT)

  10. ネットワーク対応の「FireEye NX」に機能を制限した中堅企業向けモデル(ファイア・アイ)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×