2016.06.25(土)

スマートデバイスを飲食店に置き忘れるケース、忘年会シーズンがほぼ半数(MOTEX)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

エムオーテックス株式会社(MOTEX)は12月3日、「スマートデバイスの紛失実態調査」の結果について、同社の「NO MORE 情報漏えいプロジェクト」において発表した。同調査は11月7日から9日、首都圏に勤務する20代~40代の男女で会社からスマートデバイスを支給されており、業務用あるいは個人用スマートデバイスの紛失経験を持つ300名を対象に実施されたもの。また、全国の飲食店に勤務する店長100名を対象とした調査も実施している。

調査結果によると、個人用スマートデバイスより業務用スマートデバイスの方が1日あたりの利用時間が長く、その差は36.6分であった。また、回答者の7割が個人用スマートデバイスに業務関連情報が保存されており、その情報の6割以上が「機密情報」であるとしている。さらに、回答者の7割以上が休日の外出時に業務用スマートデバイスを持ち歩いていた。

紛失経験については、紛失した時間帯は「平日(業務時間内)」が41.0%、「平日(業務時間外)」が40.7%を占めた。紛失した場所では、業務用・個人用ともに「居酒屋やレストランなど飲食店」が1位となり、「お店やショッピングセンター」「電車」と続いた。特に飲酒時に紛失するケースが業務用66.7%、個人用56.1%と高い割合となった。飲食店店長への調査では、店内で紛失されたスマートデバイスの発見場所は「席(部屋)周辺」が95.7%を占め、「化粧室」が12.9%で2番目に多かった。時期は11月~12月の忘年会シーズンが42.9%でもっとも多かったという。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 最新のOWASPアプリケーションセキュリティ検証標準の翻訳版を公開(JPCERT/CC)

    最新のOWASPアプリケーションセキュリティ検証標準の翻訳版を公開(JPCERT/CC)

  2. デジタル・ビジネスへの移行におけるサイバーセキュリティの重要性に言及(ガートナー)

    デジタル・ビジネスへの移行におけるサイバーセキュリティの重要性に言及(ガートナー)

  3. 情報漏えいで発生した平均コストは400万ドル、その約6割が対応費用(日本IBM)

    情報漏えいで発生した平均コストは400万ドル、その約6割が対応費用(日本IBM)

  4. 2014年の個人情報漏えい、1件の大規模漏えいで人数、損害賠償額が大幅増(JNSA)

  5. 日本国内の情報セキュリティ市場規模、2014年は8,000億円の大台突破へ(JNSA)

  6. 「Emdivi」の分析結果の詳細レポートを公開(マクニカネットワークス)

  7. ハッキングされたサーバー7万台以上のアクセス情報を取引、闇フォーラム「xDedic」の実態を公開(カスペルスキー)

  8. 安全に見えるアプリを連携させることで複合的な攻撃を行うケースを確認(マカフィー)

  9. 「Censys」の利用方法などを解説した改訂版を公開--テクニカルウォッチ(IPA)

  10. 自動車や家電などIoT化する製品のセーフティ・セキュリティ設計を調査(IPA)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×