拡大するネット犯罪被害、日本の1人当たりの被害額は2万8千円(シマンテック)

2015年11月26日(木) 08時16分
このエントリーをはてなブックマークに追加
拡大するネット犯罪被害、日本の1人当たりの被害額は2万8千円(シマンテック)の画像
拡大するネット犯罪被害、日本の1人当たりの被害額は2万8千円(シマンテック)
株式会社シマンテックは11月25日、消費者調査「ノートン サイバーセキュリティ インサイト レポート」を公開した。この調査は、世界17カ国の18歳以上のデバイスユーザ17,125人を対象にオンライン調査により実施したもの。日本の回答者は1,009人。調査結果によると、ネット犯罪の被害がさらに拡大していることが明らかになった。調査対象となった17カ国では、過去1年間にネット犯罪の対処に平均21時間、合計約1,500億USドル(1人当たり約358USドル)が費やされたという。国別ではインド、ブラジル、UAE、メキシコ、中国での発生率が高かった。中国の被害額は547億USドルであり、全体の1/3を占めた。

日本では、ネット犯罪の被害者数は7,869,600人で、被害総額は2,258億円(1人当たり28,697円)であった。被害者数は調査対象国で最も低かったが、被害額では11位となっている。また調査結果では、世界的にパスワードの取り扱いが十分ではないことも明らかになっている。パスワードに文字、数字、記号を組み合わせた8桁以上を常に使用しているのは全体の38%(日本は17%)であり、家族や友人とパスワードを共有しているのは、銀行口座で1/4以上(日本は18%)、メールで55%(同41%)、ソーシャルメディアで43%(同29%)などであった。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
さらに軽量、高速化された「ノートン」シリーズの最新版(シマンテック)

シマンテックは、個人向けセキュリティ対策ソフト「ノートン セキュリティ」の最新版の提供を開始したと発表した。

icon
[インタビュー]シマンテック 七戸 駿氏に聞く、「クラウディオメガ」と年金機構のインシデントから得られるリスクコントロールの考え方

日本年金機構の情報漏えいインシデントは、約125万件の基礎年金番号等が漏えいしたという点や、政府組織が標的となったという点で大きなインパクトを残した。今回の一連の攻撃手法「クラウディオメガ」の名づけ親...

icon
「Veritas NetBackup」新版、クラウドサービス利用のバックアップなど強化(シマンテック)

シマンテックは、同社の情報管理部門であり分社予定のVeritasが、エンタープライズクラスのデータ保護ソリューション「Veritas NetBackup 7.7」の最新版を7月9日より販売開始すると発表した。

icon
セキュリティ機器のログ情報を相関分析することで、攻撃を早期に検知(IIJ、シマンテック)

IIJはシマンテックと協力し、さまざまなセキュリティ機器のログ情報を収集し、相関分析を行うことで、早期に攻撃を検知する「IIJ統合セキュリティ運用ソリューション」の提供を開始する。

icon
パッチ提供までの遅延を狙うゼロデイ攻撃、悪質なランサムウェアが増加(シマンテック)

シマンテックは、「インターネットセキュリティ脅威レポート第20号(ISTR:Internet Security Threat Report, Volume 20)」を発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト