トレンドマイクロ主催のCTF、韓国のチーム「CyKor」が優勝(トレンドマイクロ)

2015年11月23日(月) 08時44分
このエントリーをはてなブックマークに追加
トレンドマイクロ主催のCTF、韓国のチーム「CyKor」が優勝(トレンドマイクロ)の画像
トレンドマイクロ主催のCTF、韓国のチーム「CyKor」が優勝(トレンドマイクロ)
トレンドマイクロ株式会社は11月22日、同社が主催するCTF「Trend Micro CTF Asia Pacific & Japan 2015(Trend Micro CTF)」において、韓国のチーム「CyKor」が優勝したと発表した。同CTFはセキュリティ技術の知識や実践力を競い合う競技大会で、11月21日から22日に東京都内で開催された。優勝した「CyKor」チームは、賞金100万円および12月に台湾で開催される「HITCON CTF FINAL 2015」決勝戦の出場権を獲得した。

上位5位は、1位「CyKor」(韓国)総合点420点、2位「blue-lotus」(中華人民共和国)総合点210点、3位「TokyoWesterns」(日本)総合点150点。4位「OO AT XX 4」(台湾)総合点130点、5位「binja」(日本)総合点100点。

同CTFは、設問30問(6カテゴリ各5問)を参加者が解いていき点数を競う「ジェパディ(Jeopardy)」形式の予選と、サーバへの攻防戦を繰り広げる「アタック・アンド・ディフェンス」形式の決勝戦で構成される。9月26日から27日に開催されたオンライン予選には、日本を含むアジアパシフィック地域からは29の国・地域からの参加があり、合計で881チーム、2,283名が参加した。決勝戦は、予選を突破した上位10チーム(1チーム最大4名)が参加しセキュリティの技術を競い合った。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
「見ただけで感染する正規サイト」日本での被害が増加--四半期レポート(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、日本国内および海外でのセキュリティ動向を分析した報告書「2015年第3四半期セキュリティラウンドアップ:見ただけで感染する『正規サイト汚染』の脅威」を公開した。

icon
エージェント式のエンドポイント型標的型攻撃対策製品を新たに提供(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、企業向けのエンドポイント型標的型サイバー攻撃対策製品「Trend Micro Endpoint Sensor(TMES)」を11月25日より発売開始すると発表した。

icon
自治体や通信事業者向けにフリーWi-Fi利用時の通信傍受や情報漏えいを防ぐサービスを提供(トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロは17日、全国の各自治体や通信事業者向けに、フリーWi-Fi向けセキュリティサービス「あんしんフリーWi-Fi」の提供を開始した。

icon
IoT分野におけるセキュリティソリューションの共同開発で協業(トレンドマイクロ、ユビキタス)

トレンドマイクロとユビキタスは、IoT分野におけるセキュリティソリューションを共同開発することに合意したと発表した。

icon
百度(Baidu)のソフトウェア開発キットにバックドア機能の搭載を確認(トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロは6日、中国の検索エンジン「百度(Baidu)」のソフトウェア開発キット(SDK)「Moplus」にバックドア機能が搭載されていることを公表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト