2016.07.02(土)

エージェント式のエンドポイント型標的型攻撃対策製品を新たに提供(トレンドマイクロ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

トレンドマイクロ株式会社は11月18日、企業向けのエンドポイント型標的型サイバー攻撃対策製品「Trend Micro Endpoint Sensor(TMES)」を11月25日より発売開始すると発表した。同社はこれまで、標的型サイバー攻撃対策製品として、ネットワーク監視製品「Deep Discovery Inspector(DDI)」や次世代メール攻撃対策アプライアンス「Deep Discovery Email Inspector(DDEI)」を提供している。新たにエンドポイント型の対策製品を追加することで、企業ネットワーク内で確認されたセキュリティインシデントに対して、エンドポイント上での発見・調査・対応の迅速化を支援する。価格は910,000円から(参考価格、税別)。

TMESは、エージェントとマネージャソフトウェアにより構成される。各エンドポイントにインストールされるエージェントソフトは、各エンドポイント内でのレジストリの変更やプロセスの生成、権限昇格など攻撃手法として利用されうる各種アクティビティを記録する。記録した過去のアクティビティ情報をはじめ、DDIなどのネットワーク監視装置との連携により取得した不審な兆候の情報や、OpenIOC、YARAなどの情報を用いて、記録したアクティビティを検索することで、関連する攻撃動作の可視化を実現する。可視化された攻撃動作をIT管理者が解析することで、エンドポイントにおける脅威がどのように行われていたかを把握できる。なお、解析については2016年上期に「Deep Discovery Analyzer(DDAN)」との連携により解析を可能にする機能拡充を予定している。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. ソフトウェアテストの秀才集団、セキュリティ診断事業の「ヒト」の課題解決に取り組む(SHIFT SECURITY)

    ソフトウェアテストの秀才集団、セキュリティ診断事業の「ヒト」の課題解決に取り組む(SHIFT SECURITY)

  2. IoTシステムの安全・安心な運用に向けて協業(ウェブルート、アドソル日進)

    IoTシステムの安全・安心な運用に向けて協業(ウェブルート、アドソル日進)

  3. マルウェア対策も強化されたWindows 10向け大型アップデートを8月2日より提供開始(米マイクロソフト)

    マルウェア対策も強化されたWindows 10向け大型アップデートを8月2日より提供開始(米マイクロソフト)

  4. 調査結果、原発事故や放射能への不安は文系・低所得層ほど拡大(慶應義塾大学)

  5. 新たに創設される支援士試験は、現行のSC試験と置き換わる位置づけに(IPA)

  6. シンガポール現地法人がラウド情報セキュリティ管理規格の認証を取得(IIJ)

  7. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  8. サイバー攻撃統合分析プラットフォーム「NIRVANA改」が大幅に機能強化(NICT)

  9. 静岡大学と共同開発した教員向け「情報モラル診断サービス」に教育委員会向け管理機能を追加(カスペルスキー)

  10. サイバー攻撃を受けた企業に対応費用などを補償するサイバー保険の取扱開始(ラック)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×