2016.06.01(水)

メール添付ファイルの「無害化」ソリューション、教育機関などに向け提供(アズジェント)

経済社会 新製品・新サービス

株式会社アズジェントは11月17日、地方公共団体、教育機関を対象にメールの添付ファイルを無害化するためのソリューション「Secure Data Sanitization」(SDS)のパブリックパッケージの提供を開始すると発表した。SDSは、同社が取り扱いを行っているイスラエルのVotiro社の製品。ファイルがマルウェアを含んでいるかもしれない「可能性」を重要視し、メール添付等によって外部から入ってくるすべてのファイルを自動的に無害化(サニタイズ)する。

一般的にエクスプロイトやマルウェアは、ファイルのメタデータや空ビットスペース、マクロの中に潜んでいる。SDSは、これらのデータをチェックし、ファイルに不要なデータ部分を削除、あるいは意味のない情報に書き換えることで無害化する。アズジェントは、セキュリティ対策が特に重要とされる地方公共団体、教育機関向けにSDS パブリックパッケージの販売を開始する。同パッケージは、SDSと5年間の保守がセットになったもので、定価は500ユーザで7,982,000円(税抜)。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

経済社会 アクセスランキング

  1. 次期「ウイルスバスター クラウド」ベータ版を公開、フィードバック募集(トレンドマイクロ)

    次期「ウイルスバスター クラウド」ベータ版を公開、フィードバック募集(トレンドマイクロ)

  2. ランサムウェアにより暗号化されたファイルを復号するツールを無償提供(トレンドマイクロ)

    ランサムウェアにより暗号化されたファイルを復号するツールを無償提供(トレンドマイクロ)

  3. 日本のTMT企業はセキュリティ予算が低い反面、個人情報保護に注力(トーマツ)

    日本のTMT企業はセキュリティ予算が低い反面、個人情報保護に注力(トーマツ)

  4. 国内情報セキュリティ製品市場、今後SaaS型ソフトが高成長(IDC Japan)

  5. 高度なセキュリティスペシャリストの育成を目的にアカデミーを開始(シマンテック)

  6. アカウントの統合管理を実現する「GreenOffice Directory」を発売(京セラコミュニケーションシステム)

  7. 預金者の口座を許諾なしに危険にさらす「残高照会サービス」

  8. 星澤氏を迎え新たにラボを設置、コンサルとインテリジェンスを提供(PwC)

  9. 短期間でセキュリティを強化する中堅・中小向け「マイナンバー安心セット」(NEC)

  10. 横浜市港湾病院の元医師が患者約1万3千人分の個人情報を持ち出し

アクセスランキングをもっと見る

PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内
PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内

PREMIUM 会員登録するとすべての会員限定記事が閲覧いただけます。

×