2016.07.26(火)

2016年および2020年までの脅威予測レポートを公開(マカフィー)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

マカフィー株式会社は11月11日、同社のセキュリティ研究機関であるMcAfee Labsによる2016の主要なサイバー脅威予測、および「2020年までのセキュリティ展望やITセキュリティ業界の動向に関する独自のインサイトを解説した「McAfee Labs脅威予測レポート」を発表した。レポートには、インテル セキュリティを代表する33人による解説や展望に加え、テクノロジー活用に取り組む組織に向けて、短期的・長期的な脅威予測やそれら組織にとって脅威となるサイバー犯罪コミュニティの動向なども紹介している。

2016年の脅威予測では、ランサムウェアの脅威の拡大と「Ransomware as a Service」の利用、ウェアラブル機器を介したスマートフォンへの攻撃、従業員の自宅のシステムから企業ネットワークにアクセスするなど、従業員を介した企業への攻撃、コネクテッドカーへの脅威、闇市場の拡大、システムやデータの整合性や関連性の侵害、脅威インテリジェンス共有の拡大などを挙げている。また、McAfee LabsのシニアVPであるヴィンセント・ウィーファー氏は、「攻撃者に歩調を合わせ、予測し、先手を打つには、インテリジェンスの共有、クラウド コンピューティングとサービスの配信能力、プラットフォームの俊敏性、人材などをサイバー犯罪者と同水準にまで引き上げる必要がある」としている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 約99%の企業が情報セキュリティ対策を実施、しかしその内訳は(総務省)

    約99%の企業が情報セキュリティ対策を実施、しかしその内訳は(総務省)

  2. Windows 10アップグレード肯定派は約7割、アップグレード後の不具合も6%(キューアンドエー)

    Windows 10アップグレード肯定派は約7割、アップグレード後の不具合も6%(キューアンドエー)

  3. Windows 10へのアップグレード、興味はあるが当面アップグレードしないユーザーが39.0%に(ジャストシステム)

    Windows 10へのアップグレード、興味はあるが当面アップグレードしないユーザーが39.0%に(ジャストシステム)

  4. 脆弱性報告、Webアプリが引き続き大半を占める--四半期レポート(IPA)

  5. 組織の担当者だけでなく一般ユーザにも役立つ「情報セキュリティ白書2016」(IPA)

  6. 行政機関および独法等の個人情報管理状況、ほぼすべてが対応済み(総務省)

  7. クラウドソリューション導入の阻害要因は「データセキュリティ」(トレンドマイクロ)

  8. 「Emdivi」の分析結果の詳細レポートを公開(マクニカネットワークス)

  9. 大規模DDoS攻撃が増加、ピーク時に289Gbpsを記録した例も--四半期レポート(アカマイ)

  10. 情報セキュリティ市場、2020年度には7,341億円と予測(NRI)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×