2016年および2020年までの脅威予測レポートを公開(マカフィー)

2015年11月12日(木) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年および2020年までの脅威予測レポートを公開(マカフィー)の画像
2016年および2020年までの脅威予測レポートを公開(マカフィー)
マカフィー株式会社は11月11日、同社のセキュリティ研究機関であるMcAfee Labsによる2016の主要なサイバー脅威予測、および「2020年までのセキュリティ展望やITセキュリティ業界の動向に関する独自のインサイトを解説した「McAfee Labs脅威予測レポート」を発表した。レポートには、インテル セキュリティを代表する33人による解説や展望に加え、テクノロジー活用に取り組む組織に向けて、短期的・長期的な脅威予測やそれら組織にとって脅威となるサイバー犯罪コミュニティの動向なども紹介している。

2016年の脅威予測では、ランサムウェアの脅威の拡大と「Ransomware as a Service」の利用、ウェアラブル機器を介したスマートフォンへの攻撃、従業員の自宅のシステムから企業ネットワークにアクセスするなど、従業員を介した企業への攻撃、コネクテッドカーへの脅威、闇市場の拡大、システムやデータの整合性や関連性の侵害、脅威インテリジェンス共有の拡大などを挙げている。また、McAfee LabsのシニアVPであるヴィンセント・ウィーファー氏は、「攻撃者に歩調を合わせ、予測し、先手を打つには、インテリジェンスの共有、クラウド コンピューティングとサービスの配信能力、プラットフォームの俊敏性、人材などをサイバー犯罪者と同水準にまで引き上げる必要がある」としている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
新戦略「Threat Defense Lifecycle」および新製品を発表(マカフィー)

マカフィーは、インテルセキュリティによる企業向けセキュリティの新たな事業戦略を発表した。

icon
ネット検索で最もリスクの高い有名人、2015年はDJがトップに(マカフィー)

マカフィーは、2015年版「インターネット検索で最もリスクの高い有名人(Intel Security Most Dangerous Celebrities)」の結果を発表した。

icon
2016年版の個人向けセキュリティサービスを発表、生体認証に対応(マカフィー)

マカフィーは、2016年版の個人向けセキュリティサービスを発表した。10月16日より全国の店頭やオンラインストアで販売を開始する。

icon
マイナンバー制度に関する教育やトレーニングの不足が顕著に(マカフィー)

マカフィーは、国内企業のビジネスパーソンを対象に実施した「マイナンバー制度への対応レベルに関する調査」の結果を発表した。

icon
初心者レベルのサイバー犯罪者でもランサムウェアを作成できるキット「Tox」に関する情報を公開(マカフィー)

 マカフィーは17日、高度なランサムウェア(身代金請求型ウイルス)を作成できる無償キット「Tox」に関する情報を公開した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト