新戦略「Threat Defense Lifecycle」および新製品を発表(マカフィー)

2015年11月5日(木) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
新戦略「Threat Defense Lifecycle」および新製品を発表(マカフィー)の画像
新戦略「Threat Defense Lifecycle」および新製品を発表(マカフィー)
マカフィー株式会社は11月4日、インテルセキュリティによる企業向けセキュリティの新たな事業戦略を発表した。新戦略のコンセプトとして「Threat Defense Lifecycle(脅威対策のライフサイクル)」を導入し、主要なプロセスを一元化したオープンな統合セキュリティシステムの実現を目指すという。この新戦略のもと、より優れた監視機能と実践的な運用上のコントロールを実現するための重点領域として、エンドポイントとクラウドのセキュリティに注力するとしている。

Threat Defense Lifecycleでは、一連の脅威対策へのサイクルを「Protect(防御)」「Detect(検知)」「Correct(復旧)」の各段階に分け、それぞれの段階で獲得したインテリジェンスを“適応フィードバック”に反映することで、改善を重ねる反復サイクルのなかで、組織のセキュリティ対策能力を進化させる。

また、このサイクルを自動化するツールへの投資も拡大するという。さらに新製品として、俊敏性の高いエンドポイント サービス プラットフォームを構築し、セキュリティの複雑性の軽減、高度な攻撃に対する防御、インシデントからの高速な復旧を支援する「McAfee Endpoint Security 10.X」、脅威の検出精度を向上し、簡単で効率的にインシデント対応を高速化できるエンドポイントでの脅威の検知/対応ソリューション「McAfee Active Response」を発表した。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
ネット検索で最もリスクの高い有名人、2015年はDJがトップに(マカフィー)

マカフィーは、2015年版「インターネット検索で最もリスクの高い有名人(Intel Security Most Dangerous Celebrities)」の結果を発表した。

icon
2016年版の個人向けセキュリティサービスを発表、生体認証に対応(マカフィー)

マカフィーは、2016年版の個人向けセキュリティサービスを発表した。10月16日より全国の店頭やオンラインストアで販売を開始する。

icon
マイナンバー制度に関する教育やトレーニングの不足が顕著に(マカフィー)

マカフィーは、国内企業のビジネスパーソンを対象に実施した「マイナンバー制度への対応レベルに関する調査」の結果を発表した。

icon
初心者レベルのサイバー犯罪者でもランサムウェアを作成できるキット「Tox」に関する情報を公開(マカフィー)

 マカフィーは17日、高度なランサムウェア(身代金請求型ウイルス)を作成できる無償キット「Tox」に関する情報を公開した。

icon
ワンクリック詐欺の被害は女性が多く、年代では30代が約1/4

マカフィーとMMD研究所は、「スマートフォンのトラブルに関する調査」の結果を発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト