2016.07.24(日)

新戦略「Threat Defense Lifecycle」および新製品を発表(マカフィー)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

マカフィー株式会社は11月4日、インテルセキュリティによる企業向けセキュリティの新たな事業戦略を発表した。新戦略のコンセプトとして「Threat Defense Lifecycle(脅威対策のライフサイクル)」を導入し、主要なプロセスを一元化したオープンな統合セキュリティシステムの実現を目指すという。この新戦略のもと、より優れた監視機能と実践的な運用上のコントロールを実現するための重点領域として、エンドポイントとクラウドのセキュリティに注力するとしている。

Threat Defense Lifecycleでは、一連の脅威対策へのサイクルを「Protect(防御)」「Detect(検知)」「Correct(復旧)」の各段階に分け、それぞれの段階で獲得したインテリジェンスを“適応フィードバック”に反映することで、改善を重ねる反復サイクルのなかで、組織のセキュリティ対策能力を進化させる。

また、このサイクルを自動化するツールへの投資も拡大するという。さらに新製品として、俊敏性の高いエンドポイント サービス プラットフォームを構築し、セキュリティの複雑性の軽減、高度な攻撃に対する防御、インシデントからの高速な復旧を支援する「McAfee Endpoint Security 10.X」、脅威の検出精度を向上し、簡単で効率的にインシデント対応を高速化できるエンドポイントでの脅威の検知/対応ソリューション「McAfee Active Response」を発表した。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 「Pokemon GO」の日本配信に伴い安全対策を公開、規約を違反したユーザーにはペナルティも(ポケモン)

    「Pokemon GO」の日本配信に伴い安全対策を公開、規約を違反したユーザーにはペナルティも(ポケモン)

  2. 神社境内地での「Pokemon GO」プレイを禁止に(出雲大社)

    神社境内地での「Pokemon GO」プレイを禁止に(出雲大社)

  3. ネットワーク構成図を自動生成、脆弱性による影響範囲なども付加し可視化(富士通システムズ・イースト)

    ネットワーク構成図を自動生成、脆弱性による影響範囲なども付加し可視化(富士通システムズ・イースト)

  4. カメラ前で立ち止まらずに顔認証を実施し不正入場を防止、東京オリンピックでの導入を提案(NEC)

  5. 32種のセキュリティ事故に立ち向かう無償ボードゲーム、CSIRT 演習用(トレンドマイクロ)

  6. 「安否確認サービス」のスマートフォン向け専用アプリを提供開始(サイボウズスタートアップス)

  7. テーマ・プラグインを含む「WordPress」の脆弱性スキャン、当面は無料で提供(ウォルティ)

  8. 運送事業がテロに利用される恐れ、対策を徹底するよう運送事業者に求める(国土交通省、全日本トラック協会)

  9. 米Pulse Secure社の日本法人を設立、SSL-VPNアプライアンスを発売(パルスセキュアジャパン)

  10. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×