世界で被害総額3億ドル以上というランサムウェアを分析(フォーティネットほか)

2015年11月4日(水) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
世界で被害総額3億ドル以上というランサムウェアを分析(フォーティネットほか)の画像
世界で被害総額3億ドル以上というランサムウェアを分析(フォーティネットほか)
フォーティネットジャパン株式会社は11月2日、クライムウェア「CRYPTOWALL」を詳細分析したホワイトペーパー「Lucrative Ransomware Attacks: Analysis of the CryptoWall Version 3 Threat(高額の身代金を要求するランサムウェア攻撃:CryptoWall 3.0の脅威分析)」について発表した。このホワイトペーパーは、フォーティネット、インテル セキュリティ、パロアルトネットワークス、シマンテックにより共同創設された「Cyber Threat Alliance(CTA:サイバー脅威アライアンス)による初のホワイトペーパーとなる。

ホワイトペーパーでは、ランサムウェア「CryptoWall 3.0」の攻撃ライフサイクルについての洞察を提供するとともに、攻撃の防止とミティゲーション(減災)に役立つアドバイスを掲載している。このランサムウェアの被害総額は全世界で3.25億ドル以上といわれており、CTAの分析によると感染の試みは406,887件に上り、検出されたマルウェアサンプルは4,046件に上った。C&CサーバからのURLは839件検出されている。

被害者は全世界で数十万人に及び、攻撃キャンペーンの大半は北米に集中していた。またアドバイスとして、OSやアプリケーション、ファームウェア、Webブラウザを最新の状態に保つほか、WebブラウザのJava、Flash、Silverlightなどのプラグインを無効にすること、フィッシングの手口と対処法を把握することなどを挙げている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon

Capgemini社は、Fortinet社とのグローバル規模での提携を発表した。

icon
企業向けセキュア無線LANシリーズに5機種の新モデルを追加(フォーティネット)

フォーティネットは、企業向けセキュア無線LANソリューションのラインアップに、新たに5機種の新モデルを追加したと発表した。

icon
セキュリティサービス事業におけるグローバルパートナーシップを締結(NTT Com Security、フォーティネット)

NTT Com Securityとフォーティネットはグローバルパートナーシップを結び、セキュリティに関する専門的アドバイスと業界随一のセキュリティソリューションを世界中の企業に提供する。

icon
CIOの9割が「企業の無線LAN環境のセキュリティが不十分」--12カ国調査(フォーティネットジャパン)

フォーティネットジャパンは、米Fortinetによる調査「Fortinet Wireless Security Survey」の結果を発表した。

icon
【Interop 2015】セキュリティ部門の準グランプリを獲得したデータセンター向けファイアウォール(フォーティネット)

 開催中のInterop Tokyo 2015のフォーティネットジャパンのブースでは、セキュリティ部門の準グランプリを獲得した「FortiGate-3810D」の動態展示を行っていた。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト