2016.07.28(木)

世界で被害総額3億ドル以上というランサムウェアを分析(フォーティネットほか)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

フォーティネットジャパン株式会社は11月2日、クライムウェア「CRYPTOWALL」を詳細分析したホワイトペーパー「Lucrative Ransomware Attacks: Analysis of the CryptoWall Version 3 Threat(高額の身代金を要求するランサムウェア攻撃:CryptoWall 3.0の脅威分析)」について発表した。このホワイトペーパーは、フォーティネット、インテル セキュリティ、パロアルトネットワークス、シマンテックにより共同創設された「Cyber Threat Alliance(CTA:サイバー脅威アライアンス)による初のホワイトペーパーとなる。

ホワイトペーパーでは、ランサムウェア「CryptoWall 3.0」の攻撃ライフサイクルについての洞察を提供するとともに、攻撃の防止とミティゲーション(減災)に役立つアドバイスを掲載している。このランサムウェアの被害総額は全世界で3.25億ドル以上といわれており、CTAの分析によると感染の試みは406,887件に上り、検出されたマルウェアサンプルは4,046件に上った。C&CサーバからのURLは839件検出されている。

被害者は全世界で数十万人に及び、攻撃キャンペーンの大半は北米に集中していた。またアドバイスとして、OSやアプリケーション、ファームウェア、Webブラウザを最新の状態に保つほか、WebブラウザのJava、Flash、Silverlightなどのプラグインを無効にすること、フィッシングの手口と対処法を把握することなどを挙げている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. データロスやダウンタイムによる損失コスト、国際平均と日本を比較(EMCジャパン)

    データロスやダウンタイムによる損失コスト、国際平均と日本を比較(EMCジャパン)

  2. 約99%の企業が情報セキュリティ対策を実施、しかしその内訳は(総務省)

    約99%の企業が情報セキュリティ対策を実施、しかしその内訳は(総務省)

  3. Windows 10アップグレード肯定派は約7割、アップグレード後の不具合も6%(キューアンドエー)

    Windows 10アップグレード肯定派は約7割、アップグレード後の不具合も6%(キューアンドエー)

  4. Windows 10へのアップグレード、興味はあるが当面アップグレードしないユーザーが39.0%に(ジャストシステム)

  5. 脆弱性報告、Webアプリが引き続き大半を占める--四半期レポート(IPA)

  6. 標的型攻撃に対する経営リスクの認知、マイナンバー対応が地道に進む(JIPDEC、ITR)

  7. 日本の情報セキュリティ 2015 年度市場規模 9,000 億円 突破を予測、情報セキュリティ保険も伸長(JNSA)

  8. iPhoneで推測されやすい危険なパスコードトップ10、「5683」の意味とは?(ソフォス)

  9. 標的型メール攻撃を7段階に分類、システム設計に生かせるガイド(IPA)

  10. 公共・製造・金融… 産業別サイバー攻撃ベスト 3 (ベライゾンジャパン)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×