2016.09.28(水)

マイナンバー制度の導入から運用・保守までをカバー(パシフィックネット)

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

 PCのリサイクルなど、IT資産のライフサイクルをトータルに支援するパシフィックネットは「2015 Japan IT Week 秋」にて、マイナンバー対策に必要なソリューションをワンストップで提供する「マイナンバー安心パック」と、データ消去サービスのコラボレーションを紹介していた。

 マイナンバー安心パックは、多要素認証(USB鍵とワンタイムパスワード)によるログイン制御が可能な「Yubi Plus」や、PC操作ログの収集と未許可デバイスを制御する「MylogStar 3 Desktop」、およびマイナンバー制度で必要な基本方針や取り扱い規定のヒナ形などを提供する「マイナンバードキュメントパック」で構成され、マイナンバー制度の導入から、運用、保守までをカバーするものだ。

 一方、データ消去サービスでは「データ上書き消去」「磁気消去」「物理破壊」に対応している。データ消去については、パシフィックネットが得意とする分野で、「自社便で不要になったPCを回収してデータを消去したり、企業に訪問してオンサイトでデータを消去することもある」(同社担当)という。

 データ上書き消去は、フィンランドにあるblancco社が開発した専用ソフトを利用して実施。データ復元ソフトで復元可能なデータ部分を、無意味なデータで上書きすることで、データを復元できないようにする。

 こちらはハードディスクを再利用する場合に便利だ。同社では、作業時に消去ログを抽出し、データ消去証明書も発行してくれる。またデータを消去したPCなどの買い取りも行っているそうだ。

 次の消去方法は磁気メディアの磁気消去だ。こちらもデータをすべて磁気で破壊するが、見た目から破壊されているのか不明瞭な点がネックになる場合もある。最後の消去方法は物理的な破壊だ。ハードディスクに4つの穴をあけて完全に破壊してしまうというもの。穴があいているので、破壊されていることが直ぐに判別できる。いずれも破棄して、その後にリサイクルされるという。

 また、マイナンバー制度に備え、最高にセキュリティレベルを上げたGPS付のカーゴも展示されていた。GPSによって、カーゴのルートまで監視してしまうというものだ。こちらは自社サービスでのPC運搬などに利用するそうだ。

マイナンバー対策ソリューションとデータ消去サービスのコラボ……パシフィックネットが出展

《井上猛雄@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

研修・セミナー・カンファレンス アクセスランキング

  1. 標的型やランサムウェアへの対抗策を最新事例で解説、「Email Security Conference 2016」を開催(ナノオプト・メディア)

    標的型やランサムウェアへの対抗策を最新事例で解説、「Email Security Conference 2016」を開催(ナノオプト・メディア)

  2. 「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT」と「SECCON CTF for GIRLS」がコラボ(SECCON2016、JNSA)

    「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT」と「SECCON CTF for GIRLS」がコラボ(SECCON2016、JNSA)

  3. 「CODE BLUE 2016」、新たに2つのトレーニングと3つのコンテストを公開(CODE BLUE事務局)

    「CODE BLUE 2016」、新たに2つのトレーニングと3つのコンテストを公開(CODE BLUE事務局)

  4. 「PacSec 2016」を11月26~27日に開催、賞金総額は約6,700万円(PacSec)

  5. 企業内 CSIRT 構築の勘所、内製? or 外製?…RECRUIT-CSIRTの場合

  6. 10回目となる「Trend Micro DIRECTION」を東京、大阪で開催(トレンドマイクロ)

  7. [Email Security Coference 2016 開催直前インタビュー] “国産”メール企業にしかできないOffice 365・Google Apps メールセキュリティと標的型攻撃対策(クオリティア)

  8. [Security Days Fall 2016開催直前インタビュー] 人工知能がサイバーセキュリティにもたらすゲームチェンジ(Cylance)

  9. 自動化された攻防戦 「CGC」 が 2 億円の賞金以上に与えたインパクト

  10. [Security Days Fall 2016 開催直前インタビュー] VDI による IT ガバナンス強化で防ぐ内部犯行と、使い勝手と安全を両立するモバイル活用(ヴイエムウェア)

  11. Black Hat USA 2016 でプレゼンスを発揮した日本人、アーセナルで注目集めたツールたち

  12. 「CODE BLUE 2016」の全講演が決定、全自動サイバー攻防戦CGC優勝者も登壇(CODE BLUE事務局)

  13. [Security Days Fall 2016開催直前インタビュー] 企業のセキュリティモラルハザードに対応するには?(フォーティネット)

  14. Black Hat USA 2016 , DEFCON 24 を 128 倍楽しむ方法

  15. [レポート] セキュリティに賭するもの ~ インターポール 福森大喜氏 セキュリティ・キャンプ2016 特別講義

  16. [インタビュー] 鵜飼裕司 今年の Black Hat USA 2016 注目 Briefings

  17. PCログオンと複合機の認証を統合、高セキュリティと利便性の両立も可能に(富士通、富士通フロンテック)

  18. CODE BLUE 第 3 回をふりかえって~ BLUE 篠田佳奈氏インタビュー

  19. サイバー攻撃対策に特化した特別併催企画「サイバーセキュリティワールド2016」を新設(東京ビッグサイト)

  20. [Black Hat USA 2014 レポート] 標的型攻撃実証ツールをBlack Hat USA 2014で公開、マクニカネットワークス セキュリティ研究センター 凌研究員

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★10月7日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★10月7日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×