2016.09.26(月)

的確な翻訳語の有無はセキュリティ対策の議論を左右する

特集 特集

マルウェア、ウイルス、標的型攻撃、APT、SIEM …、サイバーセキュリティ対策の現場には、難解な専門用語が飛び交い、専門家はともかく一般のビジネスパーソンにとって、セキュリティの敷居を高く感じる理由のひとつになっている。

ところが、その当のセキュリティ専門家の発言ですら、用語の定義が明確ではない言葉がいくつか存在する。たとえば、最近見かける「マルチ・レイヤード・セキュリティ」と「ディフェンス・イン・デプス」というふたつの言葉をみてみよう。

《高橋 潤哉》

編集部おすすめの記事

特集

特集 アクセスランキング

  1. 生体認証は危険!? 課題と危険が山積みで利用者にはデメリットだけ!?(1)

    生体認証は危険!? 課題と危険が山積みで利用者にはデメリットだけ!?(1)

  2. KPMG のサイバーセキュリティ経営 (2) 情報システム部門が社長の疑問に答えるためには

    KPMG のサイバーセキュリティ経営 (2) 情報システム部門が社長の疑問に答えるためには

  3. ここが変だよ日本のセキュリティ 第24回「毎年恒例、台湾HITCON突撃レポート」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第24回「毎年恒例、台湾HITCON突撃レポート」

  4. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  5. Scan BASIC MEMBERS 登録方法(お土産大放出キャンペーン実施中!)

  6. 顧客視点のサイバーセキュリティスタンダードを発信 ~ デロイト、インテリジェンスセンター(CIC)設立

  7. [インタビュー] 脆弱性を探す「バウンティハンター」を育てる、高度サイバーセキュリティ人材育成の一環 (MBSD)

  8. 急増するID、パスワードへの攻撃にどう対処するか(ペンタセキュリティ)

  9. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン3 エリカとマギー編 第1回「プロローグ:破壊」

  10. Man in the Browser と Man in the Middle 攻撃(CA Security Reminder)

  11. ISMS認証とは何か■第1回■

  12. [数字でわかるサイバーセキュリティ] 2016年上半期インシデントふりかえり、JTB 約 680 万人の個人情報流出 他

  13. 無貌の蜘蛛Xunleiが世界を食う~世界最大のP2Pネットワークが匿名最終兵器になる日

  14. ドラマ「ブラッディ・マンデイ」ハッキングシーン製作秘話

  15. [セキュリティ ホットトピック] 「違法ではないが、きわめて軽率」、いまだくすぶるヒラリー・クリントン氏の私的メール問題とは

  16. なぜ中小企業における不正送金被害が続出しているのか 第5回「中小企業から見たUTMの利点」

  17. NSS LabsがNGFWの性能評価マップSVMを公開――各製品の特徴を可視化

  18. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン5 ワンタイムアタッカー 第1回「プロローグ:創業社長」

  19. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン1 R式サイバーシステム社編 第1回「プロローグ:身代金」

  20. いま知りたいWAF特集 第1回 WAFの歴史

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★9月30日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★9月30日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×