2016.07.31(日)

的確な翻訳語の有無はセキュリティ対策の議論を左右する

特集 特集

マルウェア、ウイルス、標的型攻撃、APT、SIEM …、サイバーセキュリティ対策の現場には、難解な専門用語が飛び交い、専門家はともかく一般のビジネスパーソンにとって、セキュリティの敷居を高く感じる理由のひとつになっている。

ところが、その当のセキュリティ専門家の発言ですら、用語の定義が明確ではない言葉がいくつか存在する。たとえば、最近見かける「マルチ・レイヤード・セキュリティ」と「ディフェンス・イン・デプス」というふたつの言葉をみてみよう。

《高橋 潤哉》

編集部おすすめの記事

特集

特集 アクセスランキング

  1. [インタビュー] 脆弱性を探す「バウンティハンター」を育てる、高度サイバーセキュリティ人材育成の一環 (MBSD)

    [インタビュー] 脆弱性を探す「バウンティハンター」を育てる、高度サイバーセキュリティ人材育成の一環 (MBSD)

  2. 生体認証は危険!? 課題と危険が山積みで利用者にはデメリットだけ!?(1)

    生体認証は危険!? 課題と危険が山積みで利用者にはデメリットだけ!?(1)

  3. 続・工藤伸治のセキュリティ事件簿 第8回「バイト諸君」

    続・工藤伸治のセキュリティ事件簿 第8回「バイト諸君」

  4. ソリトンシステムズのサイバーセキュリティ 第2回 「 『ランサムウェア』 が試金石? 今、企業の多層防御が試される」

  5. ここが変だよ日本のセキュリティ 第21回「セキュリティ人材は生き残ることができるか?」

  6. 現役ペンテスト技術者が選ぶ 使えるセキュリティツール(27) 「MSN Messengerのプロトコルをキャプチャする −MSN Protocol Analyzer」

  7. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン3 エリカとマギー編 第1回「プロローグ:破壊」

  8. 教育現場における情報漏えい実態とその対策

  9. 続・工藤伸治のセキュリティ事件簿 第17回「かわいそうな人」

  10. [Black Hat USA 2014 レポート] デロイト トーマツ のサイバーセキュリティチームの実態(2)監査法人がサイバーリスクに取り組む理由

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×