2016.06.01(水)

的確な翻訳語の有無はセキュリティ対策の議論を左右する

特集 特集

マルウェア、ウイルス、標的型攻撃、APT、SIEM …、サイバーセキュリティ対策の現場には、難解な専門用語が飛び交い、専門家はともかく一般のビジネスパーソンにとって、セキュリティの敷居を高く感じる理由のひとつになっている。

ところが、その当のセキュリティ専門家の発言ですら、用語の定義が明確ではない言葉がいくつか存在する。たとえば、最近見かける「マルチ・レイヤード・セキュリティ」と「ディフェンス・イン・デプス」というふたつの言葉をみてみよう。

《高橋 潤哉》

編集部おすすめの記事

特集

特集 アクセスランキング

  1. piyolog Mk-II 第10回 「DoS攻撃対策、必要とする人本位で考えて欲しいコト」

    piyolog Mk-II 第10回 「DoS攻撃対策、必要とする人本位で考えて欲しいコト」

  2. ソリトンシステムズのサイバーセキュリティ 第4回 「究極のサイバー攻撃対策はIT退化なのか?増え続ける 『何もしないことのリスク』 」

    ソリトンシステムズのサイバーセキュリティ 第4回 「究極のサイバー攻撃対策はIT退化なのか?増え続ける 『何もしないことのリスク』 」

  3. 生体認証は危険!? 課題と危険が山積みで利用者にはデメリットだけ!?(1)

    生体認証は危険!? 課題と危険が山積みで利用者にはデメリットだけ!?(1)

  4. ソリトンシステムズのサイバーセキュリティ 第1回 「日本企業は、なぜ現実感の無い『有事』のセキュリティ理想論を追うのか?」

  5. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 第22回「囮」

  6. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 第21回「犯人登場」

  7. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 第2回「回収不能」

  8. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 第18回「個人信用情報」

  9. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 第8回「内部監視ツール」

  10. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 第17回「身体検査」

アクセスランキングをもっと見る

PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内
PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内

PREMIUM 会員登録するとすべての会員限定記事が閲覧いただけます。

×