標的型攻撃の件数は減少するも、その手口は多様化(IPA)

2015年10月26日(月) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
メール送信元地域別割合の画像
メール送信元地域別割合
不正接続先地域別割合の画像
不正接続先地域別割合
添付ファイル種別割合の画像
添付ファイル種別割合
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は10月23日、2015年7月~9月の四半期における「サイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)運用状況」を公開した。同四半期、J-CSIP参加組織(6つのSIG、全61参加組織)からIPAに対し、標的型攻撃メールと思われる不審なメール等の情報提供が88件(2015年4月から6月は104件)行われ、その情報をもとにIPAからJ-CSIP参加組織へ33件(同27件)の情報共有が実施された。

情報提供のあった88件のうち、標的型攻撃メールとみなした情報は23件。件数は全体的に減少傾向にあるが、前四半期よりも多様な手口が観測されており、予断を許さない状況としている。特に添付ファイルでは、もっとも多かった「ショートカット(lnk)」ではJavaScriptとVBScriptが仕込まれているショートカットが確認されており、感染させられるウイルスも異なるものであった。次に多かった「Office文書ファイル」では、Officeファイルを攻撃に使用しながらも、Office自体の脆弱性は悪用されていなかった。

メール送信元地域では「不明」が52%を占めるが、「日本」の22%をはじめアジア地域が多かった。不正接続地域では「韓国」が55%を占めるが、新たに「スーダン」が14%と2番目に多い地域となった。「日本」も7%と引き続き割合が多い。ただし、遠隔操作ウイルスの種類としては、いずれの不正接続地域においても既知のものが確認されている。。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
国家試験「情報セキュリティマネジメント試験」を2016年4月より実施(IPA)

IPAは、国家試験「情報セキュリティマネジメント試験」を2016年4月より実施すると発表した。

icon
「サイボウズ ガルーン」に複数の深刻な脆弱性、アップデートを呼びかけ(IPA)

IPAは、「サイボウズ ガルーン」における複数の脆弱性の対策について注意喚起を発表した。

icon
「Adobe Flash Player」に脆弱性、ウェブ閲覧でDoS攻撃や任意のコードを実行される可能性(JPCERT/CC、IPA)

 JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)および情報処理推進機構(IPA)は24日、「Adobe Flash Player」の脆弱性について注意を呼びかけた。

icon
デジタル複合機の政府調達のためのセキュリティ要件を日米で開発(IPA)

IPA技術本部セキュリティセンターは、日本と米国においてデジタル複合機の政府調達のためのセキュリティ要件としての「ハードコピーデバイス(デジタル複合機)プロテクションプロファイル(HCD PP v1.0)」を公...

icon
自動車や家電などIoT化する製品のセーフティ・セキュリティ設計を調査(IPA)

IPAは、自動車、スマートフォン、ヘルスケア、スマート家電の4分野を主な対象に実施した、セーフティ設計・セキュリティ設計に関する実態調査の結果を発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト