標的型攻撃の件数は減少するも、その手口は多様化(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2016.12.11(日)

標的型攻撃の件数は減少するも、その手口は多様化(IPA)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は10月23日、2015年7月~9月の四半期における「サイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)運用状況」を公開した。同四半期、J-CSIP参加組織(6つのSIG、全61参加組織)からIPAに対し、標的型攻撃メールと思われる不審なメール等の情報提供が88件(2015年4月から6月は104件)行われ、その情報をもとにIPAからJ-CSIP参加組織へ33件(同27件)の情報共有が実施された。

情報提供のあった88件のうち、標的型攻撃メールとみなした情報は23件。件数は全体的に減少傾向にあるが、前四半期よりも多様な手口が観測されており、予断を許さない状況としている。特に添付ファイルでは、もっとも多かった「ショートカット(lnk)」ではJavaScriptとVBScriptが仕込まれているショートカットが確認されており、感染させられるウイルスも異なるものであった。次に多かった「Office文書ファイル」では、Officeファイルを攻撃に使用しながらも、Office自体の脆弱性は悪用されていなかった。

メール送信元地域では「不明」が52%を占めるが、「日本」の22%をはじめアジア地域が多かった。不正接続地域では「韓国」が55%を占めるが、新たに「スーダン」が14%と2番目に多い地域となった。「日本」も7%と引き続き割合が多い。ただし、遠隔操作ウイルスの種類としては、いずれの不正接続地域においても既知のものが確認されている。。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

調査・レポート・白書 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. IOCの信頼性の低下、メモリ常駐型マルウェアの出現--2017年予測を発表(カスペルスキー)

    IOCの信頼性の低下、メモリ常駐型マルウェアの出現--2017年予測を発表(カスペルスキー)

  2. 経営層と情シスが選ぶ2016年の10大セキュリティ事件(マカフィー)

    経営層と情シスが選ぶ2016年の10大セキュリティ事件(マカフィー)

  3. アダルトサイト被害相談、60歳以上男性が20歳未満男性を上回る(国民生活センター)

    アダルトサイト被害相談、60歳以上男性が20歳未満男性を上回る(国民生活センター)

  4. ランサムウェア、オンライン銀行詐欺ツールが過去最大--四半期レポート(トレンドマイクロ)

  5. サイバー攻撃からの自社の復旧能力に「自信がない」66%--グローバル調査(日本IBM)

  6. 中小企業向けのセキュリティ対策ガイドラインを改訂、より実践的な内容に(IPA)

  7. 未知のマルウェアの急増とモバイルデバイスの対策の遅れなど指摘(チェック・ポイント)

  8. 高校生のAndroid端末保有者62人中セキュリティアプリの起動確認できたのは22人(MMD研究所)

  9. 日本は個人データの利活用や人材確保に遅れ--グローバル調査(PwC)

  10. サイバーセキュリティ経営ガイドライン解説書を公開、最近の被害事例も(IPA)

全カテゴリランキング

特集

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×