2016.07.25(月)

スマホ新機種発売に合わせ、アクセサリを安価で販売する偽サイトが増加(BBソフトサービス)

脆弱性と脅威 脅威動向

BBソフトサービス株式会社は10月15日、「インターネット詐欺リポート(2015年9月度)」を発表した。本レポートは、同社の「Internet SagiWall」が検出・収集した危険性の高いネット詐欺サイトの数やカテゴリーなどを分析したもの。これによると、8月のインターネット詐欺サイトの検知数は875,181件で、前月より0.3%減少した。このうちワンクリック・不当請求詐欺サイトは67.03%、フィッシング詐欺サイトは28.19%、マルウェア感染サイトは0.14%、ボーガスウェア配布サイトは3.44%、ぜい弱性悪用サイトは1.20%を占めていた。OSごとのネット詐欺種類別検知率では、ワンクリック・不当請求詐欺サイトの割合がWindowsで24.10%、Androidで80.90%、iOSで61.12%となっている。

9月度は、9月下旬に発売されたスマートフォンの新機種用アクセサリーの販売を騙った詐欺サイトを多数検知した。これらのサイトでは、有名ブランドのケースなどのアクセサリーを通常より2~3割安い価格で掲載しており、新機種への買い替えにともなうアクセサリー需要を狙っているとみられる。最近の詐欺サイトは精巧に作られており、不自然な日本語や外国人名義の振込先でもなく、判断が難しくなっている。このような詐欺サイトでは、商品を購入しても届かないなどの被害に遭う危険性があるほか、不正なプログラムによりクレジットカード番号や銀行口座へのログイン情報が盗まれる危険性がある。また、無断で有名ブランドのデザインを使用した偽物のアクセサリーを販売している場合もあり、購入行為自体が違法となるので注意が必要としている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. 政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

    政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

  2. 位置情報連携型ゲームのプレイにおける注意喚起、個人情報の流出や非正規アプリも(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、TCA)

    位置情報連携型ゲームのプレイにおける注意喚起、個人情報の流出や非正規アプリも(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、TCA)

  3. 「Android OS 4.1.2以前」にCRIME攻撃を受ける脆弱性(JVN)

    「Android OS 4.1.2以前」にCRIME攻撃を受ける脆弱性(JVN)

  4. 「ポケモンGO」の話題性を悪用した攻撃者について警告(トレンドマイクロ)

  5. トロイの木馬型マルウェアが仕込まれたAndroid版「Pokemon GO」に注意喚起(McAfee)

  6. 「Pokemon GO」で身元バレの可能性、個人情報の管理に注意

  7. CGIにおいて環境変数HTTP_PROXYを使用するWebサーバ、Webアプリに脆弱性(JPCERT/CC)

  8. Vプリカを騙るメールに注意喚起、本文に再び“流失”の表記(フィッシング対策協議会)

  9. Javaに複数の脆弱性、早急な修正プログラムの適用を呼びかけ(IPA)

  10. GNU Wget においてファイル名検証不備により任意のファイルがダウンロードさせられてしまう脆弱性

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×