2016.05.31(火)

無害なマルウェアにより疑似攻撃を実施する標的型攻撃耐性診断サービス(ラック)

経済社会 新製品・新サービス

株式会社ラックは10月14日、APT攻撃耐性診断サービス「APT先制攻撃」の提供を開始したと発表した。同サービスは、標的型攻撃脆弱性診断に必要なヒアリングなどの事前準備から、擬似攻撃による診断作業、実施結果の分析を経て報告会まで、約三カ月にわたり実施されるもの。同社の緊急対応サービス「サイバー救急センター」が実際に調査した被害実例から、標的型攻撃に見られる攻撃手法や被害発生内容を分析し、この攻撃を再現する無害な擬似攻撃マルウェアを使用し、企業・組織内のシステムに擬似的な攻撃を安全に行う。

同サービス向けに開発された擬似攻撃マルウェアは、システムにダメージを与えることなく「マルウェアの感染活動への耐性」「権限昇格の耐性」「重要情報へのアクセスと窃取に関する耐性」といった項目の評価を行う。疑似攻撃の実施後、同社のエンジニアが擬似攻撃マルウェアの実行結果と企業・組織内に残されたログをもとに標的型攻撃耐性を評価し、具体的な弱点について報告する。サービスはパッケージ化されており、提供価格は600万円(税抜)から。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

経済社会 アクセスランキング

  1. 次期「ウイルスバスター クラウド」ベータ版を公開、フィードバック募集(トレンドマイクロ)

    次期「ウイルスバスター クラウド」ベータ版を公開、フィードバック募集(トレンドマイクロ)

  2. コンピュータウイルス・不正アクセス届出状況を発表(IPA/ISEC)

    コンピュータウイルス・不正アクセス届出状況を発表(IPA/ISEC)

  3. 強力新型トロイの木馬「Bugat」分析、フィッシング傾向など、RSAが発表(RSAセキュリティ)

    強力新型トロイの木馬「Bugat」分析、フィッシング傾向など、RSAが発表(RSAセキュリティ)

  4. 最高情報セキュリティアドバイザー等連絡会議を開催 他(ダイジェストニュース)

  5. ファイル共有ソフトによる著作権法違反の一斉取締りを実施、44人を検挙(警察庁)

  6. ファイア・アイの標的型攻撃対策製品が新旧「一太郎」に対応(ファイア・アイ、ジャストシステム)

  7. UEFI対応でOSがロードされる前にPCを保護するウイルス対策ソフト(カスペルスキー)

  8. 「ケータイの個体識別番号とSIMカード製造番号を表示するサイト」を公開 他(ダイジェストニュース)

  9. 企業のセキュリティ運用コスト試算ツール、WebやAndroidアプリで無償提供(トレンドマイクロ)

  10. 「秘文」シリーズを一新、2つの新製品を追加(日立ソリューションズ)

アクセスランキングをもっと見る

PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内
PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内

PREMIUM 会員登録するとすべての会員限定記事が閲覧いただけます。

×