アドビ製品の海賊版をネットオークションで販売した68歳男性を逮捕(ACCS)

2015年10月14日(水) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
アドビ製品の海賊版をネットオークションで販売した68歳男性を逮捕(ACCS)の画像
アドビ製品の海賊版をネットオークションで販売した68歳男性を逮捕(ACCS)
社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は10月13日、埼玉県警生活安全企画課と朝霞署が10月8日、権利者に無断で複製したコンピュータソフトを販売していた埼玉県戸田市の無職男性(68歳)を著作権法違反(海賊版頒布)の疑いで逮捕し、9日にさいたま地検へ送致したことを著作権侵害事件として発表した。

男性は2014年10月3日頃から同年11月29日頃までの間、インターネットオークションを通じて、アドビ システムズ インコーポレイテッドが著作権を有する「Adobe Photoshop Elements12」「Adobe Premiere Elements11」「Adobe Photoshop CC」がそれぞれ複製されたDVD-R合計3枚を、神奈川県の購入客ほか2名に対し、合計7,600円で販売していた。男性は、「お金のために海賊版を販売した」などと容疑を認めているという。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
ライセンスなしの「Microsoft Windows 8.1」海賊版を販売し、逮捕(ACCS)

ACCSによると、北海道警サイバー犯罪対策課などは、インターネットオークションを悪用し、権利者に無断で複製されたソフトを販売していた札幌市白石区の会社員男性を著作権法違反の疑いで逮捕した。

icon
CADソフト「ARCHITREND Z」を海賊版と知りながら1年以上業務で使用(ACCS)

ACCSによると、福井県警生活環境課と福井署は、ソフトウェアの海賊版を入手し、業務で使用していた青森県上北郡の工務店役員男性を著作権法違反の疑いで逮捕した。

icon
「ラブライブ!」キャラを無断で印刷した缶バッジを販売、逮捕(ACCS)

ACCSによると、茨城県警生活環境課などの合同捜査班は、大手通販サイトで「偽キャラクターグッズ」を販売していた鹿児島市の通信販売業男性を、著作権法違反および商標法違反の疑いで逮捕した。

icon
ネットカフェで海賊版利用の社長らを逮捕、不良プロキシサーバの親会社か(ACCS)

ACCSによると、警視庁サイバー犯罪対策課と中野署は、ソフトウェアの海賊版を入手して複製し、業務で使用していた運営会社経営者ら3名を著作権法違反の疑いで逮捕した。

icon
「PerfectDark」で漫画作品を公開していた50歳男性を逮捕(ACCS)

ACCSによると、沖縄県警生活保安課と那覇署は「PerfectDark」を通じて漫画作品を権利者に無断でアップロードし送信できる状態にしていた埼玉県の自称・無職男性(50歳)を、著作権法違反の疑いで逮捕した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト