2016.06.27(月)

ドローンの飛行制御通信の安全性を強化する技術を共同開発(NICT、プロドローン、サンエストレーディング)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 情報通信研究機構(NICT)、プロドローンおよびサンエストレーディングは28日、ドローンの飛行制御通信の安全性を強化する技術を共同開発したことを発表した。

 ドローンの遠隔制御に使われる無線通信は、傍受や干渉、妨害の影響を受けやすく、通信の乗っ取りや情報漏えいなどの危険が指摘されていた。また、現在市販されている無線装置でのドローン制御距離は1km程度に制限されているなどの課題があった。

 新技術では、シリアル通信の制御信号(周波数2.4GHzの電波信号)を、パケットごとに異なる真性乱数を用いて暗号化。あわせて複数の暗号鍵をドローンに搭載するものとなっている。対となる暗号鍵を複数の地上局に配送することで、飛行制御を引き継ぎながらドローンを広域で飛行誘導できる。

 実証実験では、2つの飛行制御エリア間で安全に制御通信を引き継ぐ第一世代システムの実証実験に成功。さらに、NICTが管理運営する量子鍵配送(QKD)ネットワーク「東京QKDネットワーク」で配送された暗号鍵を、2つの地上局に供給し、飛行制御を引き継ぐ第二世代の実証実験にも成功したとのこと。

 今後は2年以内に、この技術を採用した飛行誘導システム(第一世代)を商品化する予定。

通信を引き継ぎながらドローンを広域飛行させる技術、NICTらが開発

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. IoTのセキュリティは認証や通信、データの暗号化が特に重要な生命線に

    IoTのセキュリティは認証や通信、データの暗号化が特に重要な生命線に

  2. パスコードロックを全ユーザーに適用(Evernote)

    パスコードロックを全ユーザーに適用(Evernote)

  3. 静岡大学と共同開発した教員向け「情報モラル診断サービス」に教育委員会向け管理機能を追加(カスペルスキー)

    静岡大学と共同開発した教員向け「情報モラル診断サービス」に教育委員会向け管理機能を追加(カスペルスキー)

  4. 偽造医薬品の対策として肉眼では見えない透かしを印刷しスマートフォンで真贋を判別(電通国際情報サービス)

  5. TCG用セキュリティ・チップに対応のソフトウェアスタックを発売(エヌトゥルークリプトシステムズ)

  6. サイバー攻撃を受けた企業に対応費用などを補償するサイバー保険の取扱開始(ラック)

  7. AWS 向け SaaS 型セキュリティサービス Alert Logic 概要と提供価格

  8. 横浜にサイバーインテリジェンスセンター開設(デロイト トーマツ リスクサービス)

  9. 高速・高性能スパム/ウイルス対策アプライアンス「BeSecure」を販売(日本ラッド)

  10. 企業向けモバイルセキュリティソリューションにネットワークチェック機能(Lookout)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×