マイナンバー制度に関する教育やトレーニングの不足が顕著に(マカフィー)

2015年9月29日(火) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
マイナンバーを取り扱う際の教育や社内情報共有の仕組みにおける対策状況の画像
マイナンバーを取り扱う際の教育や社内情報共有の仕組みにおける対策状況
外部からの不正アクセス防止における対策状況の画像
外部からの不正アクセス防止における対策状況
内部からの情報漏えい防止における対策状況の画像
内部からの情報漏えい防止における対策状況
マカフィー株式会社は9月28日、国内企業のビジネスパーソンを対象に実施した「マイナンバー制度への対応レベルに関する調査」の結果を発表した。同調査は、インテル セキュリティが2015年6月上旬から提供している、Web上で簡単にマイナンバー制度に向けたセキュリティ対策の準備状況を診断できるツール「マイナンバー セキュリティ診断」を通じて回答のあった約600件のデータを集計し、まとめたもの。企業の取り組み状況のなかでも、特にマイナンバー制度に関する教育やトレーニングの不足が顕著であることが明らかになったとしている。

調査結果によると、マイナンバーを取り扱う際の教育や社内情報共有の仕組みに関して、「社内教育」「全従業員向けの社内トレーニング」「マイナンバー取り扱い状況把握のための体制」の整備・計画について、対応済みまたは着手中と答えた回答者は、いずれも全体の20%以下にとどまり、従業員5,000人以上の大規模企業においても30%前後にとどまっている。また、外部からの脅威対策は半数以上が対策済みまたは着手中であるのに対し、暗号化によるデータ保護や内部からの不正なデータ送信の監視など、内部からの情報流出への対策について、対策済みまたは着手中であると回答したのは、いずれも全体の約1/3程度であった。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
初心者レベルのサイバー犯罪者でもランサムウェアを作成できるキット「Tox」に関する情報を公開(マカフィー)

 マカフィーは17日、高度なランサムウェア(身代金請求型ウイルス)を作成できる無償キット「Tox」に関する情報を公開した。

icon
ワンクリック詐欺の被害は女性が多く、年代では30代が約1/4

マカフィーとMMD研究所は、「スマートフォンのトラブルに関する調査」の結果を発表した。

icon
HDD/SSDのファームウェアを改変するモジュールを確認--四半期レポート(マカフィー)

マカフィーは、2015年第1四半期の脅威レポートを発表した。

icon
クラウド向けセキュリティソリューションを拡充する2製品を発表(マカフィー)

マカフィーは、パブリッククラウドでの利用に最適化されたサーバ向けセキュリティ スイート製品「McAfee Public Cloud Server Security Suite」、および「Intel Security Controller」を発表した。

icon
経産省の委託で米国電力システムのサイバーセキュリティについて調査(マカフィー)

マカフィーは、経済産業省から委託を受けた「平成26年度 電気施設技術基準国際化調査(電気設備)」において、米国の電力システムのサイバーセキュリティ対策に関する調査を行い、最終報告を完了したと発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト