2016.06.01(水)

「.zip」「.review」が要注意サイトにつながる割合は100%(ブルーコート)

レポート 調査・ホワイトペーパー

ブルーコートシステムズ合同会社(ブルーコート)は9月16日、消費者および企業向けに、危険性の高いWebサイトで悪用されているトップレベルドメイン(TLD)に関する調査結果「The Web's Shadiest Neighborhoods(最も怪しいトップレベルドメイン)」を発表した。同調査は、15,000社以上の企業および7,500万人以上のユーザからの数億件に上るWebリクエストを分析したもの。

同社では、スパム、詐欺、疑わしい、望ましくないソフトウェア、マルウェア、ボットネット、フィッシングに分類されたドメインを「要注意」としてカウントしている。調査では、これらのサイトと結びついている割合を算出している。調査結果では、「.zip」「.review」が100.00%と最も高く、「.country」(99.97%)、「.kim」(99.74%)、「.cricket」(99.57%)と続いた。同社では、TLDの数が急増したことで、攻撃者の攻撃機会も増えているとして注意を促している。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

レポート アクセスランキング

  1. 「Censys」の利用方法などを解説した改訂版を公開--テクニカルウォッチ(IPA)

    「Censys」の利用方法などを解説した改訂版を公開--テクニカルウォッチ(IPA)

  2. 駆除が困難なVBRブートキットが1位に--ウイルス脅威レポート(Dr.WEB)

    駆除が困難なVBRブートキットが1位に--ウイルス脅威レポート(Dr.WEB)

  3. 企業のサイバーセキュリティのリスク管理費用、10年後に38%増加と予測(ジュニパーネットワークス)

    企業のサイバーセキュリティのリスク管理費用、10年後に38%増加と予測(ジュニパーネットワークス)

  4. CSIRTを設置するも、スキル不足などにより有効性に疑問を持つ日本企業(IPA)

  5. モバイルマルウェア感染の被害額、1台あたり106万円--グローバル調査(ルックアウトジャパン)

  6. 2015年はサイバー犯罪の「記録的な1年」、ランサムウェアの進化も顕著に(ウェブルート)

  7. 特殊詐欺認知の確定値を公表、被害は首都圏から地方都市圏へ--年間レポート(警察庁)

  8. 金融分野でのセキュリティ対策の現状と課題、提言を紹介(PwC)

  9. ランサムウェアは効果的として攻撃者が手口を先鋭化--四半期レポート(トレンドマイクロ)

  10. 不正コピーされたソフトウェアの使用率、日本は18%と微減(BSA)

アクセスランキングをもっと見る

PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内
PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内

PREMIUM 会員登録するとすべての会員限定記事が閲覧いただけます。

×