2016.06.25(土)

BIND 9.1.0以降のすべてのバージョンが影響を受ける脆弱性(JPRS)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は7月29日、BIND 9.xの脆弱性(DNSサービスの停止)について緊急の注意喚起を発表した。これは、BIND 9.xにおける実装上の不具合により、namedに対する外部からのDoS攻撃が可能となる脆弱性が、開発元のISCから発表されたというもの。ISCは、フルリゾルバー(キャッシュDNSサーバ)および権威DNSサーバの双方が対象となることと、多くのバージョンのBIND 9が対象となることから、本脆弱性の深刻度(Severity)を「重大(Critical)」と評価している。対象となるバージョンは、「9.10系列:9.10.0~9.10.2-P2」「9.9系列:9.9.0~9.9.7-P1」「9.1~9.8系列:9.1.0~9.8.x」。

本脆弱性は、TKEYリソースレコード(RR)の取り扱いの不具合が原因で、TKEY RRに対する特別に作成された問い合わせにより、namedが異常終了を起こす障害が発生するというもの。これにより、DNSサービスの停止が発生する可能性がある。また、攻撃はリモートからも行える。JPRSでは解決策として、本脆弱性を修正したパッチバージョン(BIND 9.10.2-P3/9.9.7-P2)への更新、あるいは各ディストリビューションベンダからリリースされる更新の適用を、速やかに実施することを挙げている。ただし、ISCでは9.8以前の系列のBIND 9のサポートを終了している。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. OS Xなどで使用される「mDNSResponder」に複数の脆弱性(JVN)

    OS Xなどで使用される「mDNSResponder」に複数の脆弱性(JVN)

  2. Docker APIやH.323 プロトコルのポートに対するアクセスが増加(警察庁)

    Docker APIやH.323 プロトコルのポートに対するアクセスが増加(警察庁)

  3. Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性

    Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性

  4. デル製PCやタブレットのサポート機能が原因で情報漏えいの可能性(JVN)

  5. 「ウイルスが検出されました」と日本語の音声で警告する偽サイトを確認(トレンドマイクロ)

  6. ZTE製ケーブルモデム「F460/F660」に認証なしでアクセスされる問題(JVN)

  7. WPADに関するDNSクエリがインターネット上のDNSサーバに送られる状況を確認(JVN)

  8. 2013年にサポートが終了している「Apache Struts1」に複数の脆弱性(JVN)

  9. Android端末を狙うリダイレクトサイト、4万5千以上確認(Dr.WEB)

  10. クリスマスに便乗した詐欺サイト、今年はお得感の演出でユーザを誘う(BBソフトサービス)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×