BIND 9.1.0以降のすべてのバージョンが影響を受ける脆弱性(JPRS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2016.12.10(土)

BIND 9.1.0以降のすべてのバージョンが影響を受ける脆弱性(JPRS)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は7月29日、BIND 9.xの脆弱性(DNSサービスの停止)について緊急の注意喚起を発表した。これは、BIND 9.xにおける実装上の不具合により、namedに対する外部からのDoS攻撃が可能となる脆弱性が、開発元のISCから発表されたというもの。ISCは、フルリゾルバー(キャッシュDNSサーバ)および権威DNSサーバの双方が対象となることと、多くのバージョンのBIND 9が対象となることから、本脆弱性の深刻度(Severity)を「重大(Critical)」と評価している。対象となるバージョンは、「9.10系列:9.10.0~9.10.2-P2」「9.9系列:9.9.0~9.9.7-P1」「9.1~9.8系列:9.1.0~9.8.x」。

本脆弱性は、TKEYリソースレコード(RR)の取り扱いの不具合が原因で、TKEY RRに対する特別に作成された問い合わせにより、namedが異常終了を起こす障害が発生するというもの。これにより、DNSサービスの停止が発生する可能性がある。また、攻撃はリモートからも行える。JPRSでは解決策として、本脆弱性を修正したパッチバージョン(BIND 9.10.2-P3/9.9.7-P2)への更新、あるいは各ディストリビューションベンダからリリースされる更新の適用を、速やかに実施することを挙げている。ただし、ISCでは9.8以前の系列のBIND 9のサポートを終了している。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 最大623GbpsのDDoS攻撃を記録、手法はIoTボットネット(アカマイ)

    最大623GbpsのDDoS攻撃を記録、手法はIoTボットネット(アカマイ)

  2. リフレクター攻撃の踏み台となる機器の探索行為が増加、LDAPサーバは注意(警察庁)

    リフレクター攻撃の踏み台となる機器の探索行為が増加、LDAPサーバは注意(警察庁)

  3. 「Apache HTTP Web Server」にDoS攻撃を受ける脆弱性(JVN)

    「Apache HTTP Web Server」にDoS攻撃を受ける脆弱性(JVN)

  4. Webサイトの改ざん報告が増加、さらなる攻撃のための前調査の可能性も(JPCERT/CC)

  5. 「ntpd」にDoS攻撃を受けるなど複数の脆弱性、アップデートを呼びかけ(JVN)

  6. マルウェア「Mirai」などに感染したIoTボットネットによるDDoS攻撃に注意(JVN)

  7. 国内のオープンリゾルバ等を使ったDNS水責め攻撃が再開--定点観測レポート(JPCERT/CC)

  8. ログイン“試行”なのにパスワード変更を要求、「NEXON」フィッシング(フィッシング対策協議会)

  9. Joomla において register 関数の不備により特権を持つ任意のアカウントが作成可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  10. 日本年金機構製の複数のインストーラに任意のコードを実行される脆弱性(JVN)

全カテゴリランキング

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×