「ラブライブ!」キャラを無断で印刷した缶バッジを販売、逮捕(ACCS)

2015年7月7日(火) 18時47分
このエントリーをはてなブックマークに追加
ACCSによる発表の画像
ACCSによる発表
社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は7月7日、茨城県警生活環境課、牛久署、鹿児島県警生活環境課、鹿児島中央署の合同捜査班が7月6日、大手通販サイトで「偽キャラクターグッズ」を販売していた鹿児島市の通信販売業男性(44歳)を、著作権法違反および商標法違反の疑いで逮捕したことを著作権侵害事件として発表した。

男性は4月3日頃、株式会社サンライズが著作権を有するアニメーション「ラブライブ!」に登場するキャラクターが印刷され、また、同社の登録商標に類似する商標を付した缶バッジを販売し、同社の著作権および商標権を侵害した疑いが持たれている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
ネットカフェで海賊版利用の社長らを逮捕、不良プロキシサーバの親会社か(ACCS)

ACCSによると、警視庁サイバー犯罪対策課と中野署は、ソフトウェアの海賊版を入手して複製し、業務で使用していた運営会社経営者ら3名を著作権法違反の疑いで逮捕した。

icon
「PerfectDark」で漫画作品を公開していた50歳男性を逮捕(ACCS)

ACCSによると、沖縄県警生活保安課と那覇署は「PerfectDark」を通じて漫画作品を権利者に無断でアップロードし送信できる状態にしていた埼玉県の自称・無職男性(50歳)を、著作権法違反の疑いで逮捕した。

icon
顧客のPCに「Windows」を複製した経営者を逮捕、標的型メール捜査で発覚(ACCS)

ACCSによると、警視庁公安部と池袋署は、顧客のPCへ権利者に無断でソフトウェアを複製したとして、いずれも中国籍の東京都板橋区の会社経営男性および東京都練馬区の従業員男性を著作権法違反の疑いで逮捕した。

icon
「標的型メール」の捜査の過程で著作権侵害行為が発覚、中国籍の男性らを逮捕(ACCS)

 警視庁公安部と池袋署は4月28日、東京都板橋区の会社経営男性(44歳、中国籍)および東京都練馬区の従業員男性(31歳、中国籍)を、著作権法違反(複製権侵害)の疑いで逮捕した。コンピュータソフトウェア著作...

icon
漫画「黒子のバスケ30巻(電子版)」をShareで公開していた男性を逮捕(ACCS)

ACCSによると、埼玉県警サイバー犯罪対策課と寄居署は、ファイル共有ソフト「Share」を通じて漫画作品を権利者に無断でアップロードし送信できる状態にしていた東京都町田市の派遣社員男性を、著作権法違反の疑い...

RSS

特集・連載

ピックアップフォト