マイナンバー対応へアクションを起こしている企業は3割、規模や地域で差も(JIPDEC)

2015年6月4日(木) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
マイナンバー対応状況の画像
マイナンバー対応状況
規模別対応状況の画像
規模別対応状況
地域別対応状況の画像
地域別対応状況
一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は6月2日、マイナンバー対応状況についてのアンケート結果を発表した。これは、同協会が日本商工会議所との共催により全国9カ所で開催した「企業におけるマイナンバー制度実務対応セミナー」参加申込者に対して行ったアンケート結果。回答期間は3月16日~5月20日、参加申込者数は3,495名、うち回答数は3,386名。調査結果によると、マイナンバー制度への対応をすでに実施または計画段階の企業は全体の30%にとどまり、70%近い企業ではマイナンバー制度対応がいまだに進んでいない現状がうかがわれる。

また、企業規模や地域による差異もみられた。従業員数300名以上の企業や、東京地域の企業では約半数が対応に向けてアクションを起こしているのに対し、100名以下、東京以外の企業では準備が遅れている傾向となった。セミナーで聞きたい内容に関しても、東京では「実務における具体的対応策への要望」が多く寄せられたが、東京以外では「制度そのもの概要について知りたい」という要望が多かった。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
約7割が個人情報関連のトラブルを経験、しかし半数が「特に何もせず」(JIPDEC)

JIPDECは、「個人情報に関する意識調査」の結果を発表した。

icon
「認証局自身の電子証明書」に脆弱性による危険のないことを確認(JIPDEC、NICT)

JIPDECと NICTは、NICTが開発した検証ツールを用いて、電子署名・認証制度に基づく認定認証業務において重要な役割を果たしている「認証局自身の電子証明書」について、脆弱性による危険がないことを確認したと発...

icon
「なりすましメール防止安心マーク」の銀行への導入開始(JIPDEC、ヤフー他)

 インフォマニア、シナジーマーケティング、トライコーン、ニフティ、日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)、パイプドビッツ、ヤフーは11日、「なりすましメール防止安心マーク」の銀行への導入開始を発表した。

icon
標的型攻撃に対し「最優先で対応」が約2割--IT利活用動向調査(JIPDEC)

JIPDECとITRは、国内企業600社以上のIT・情報セキュリティ責任者を対象に共同で実施した「企業IT利活用動向調査」の一部結果を速報として発表した。

icon
OECDプライバシーガイドラインの日本語訳を公開(JIPDEC)

JIPDECは、「プライバシー保護と個人データの国際流通についてのガイドラインに関する理事会勧告」(OECDプライバシーガイドライン)を日本語訳(仮訳)し、公開した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト