2016.06.25(土)

ハンゲームからの認証メールを騙るフィッシングメールを確認(フィッシング対策協議会)

脆弱性と脅威 脅威動向

フィッシング対策協議会は3月20日、ハンゲームを騙るフィッシングメールが出回っているとして注意喚起を発表した。これは「ハンゲーム-アカウントーー安全確認」という件名のメールで、オンラインサービスを提供している他社において、不正アクセスにより数千万件規模で会員情報が流出したとして、本人確認のための認証メールであるとし、本文内のリンクをクリックさせようとする。確認されているフィッシングサイトのURLは以下の通り。

http://hangame.co.jp.sq.●●●●.com/index.html?app=wam&ref=
http://hangame.co.jp.se.●●●●.com/index.html?app=wam&ref=

3月20日12時の時点でフィッシングサイトは稼働中であり、JPCERT/CCにサイト閉鎖のための調査を依頼中としている。また同協議会では、類似のフィッシングサイトが公開される恐れもあるとして注意を呼びかけている。さらに、このようなフィッシングサイトにてアカウント情報(IDやパスワード)を絶対に入力しないよう呼びかけている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. OS Xなどで使用される「mDNSResponder」に複数の脆弱性(JVN)

    OS Xなどで使用される「mDNSResponder」に複数の脆弱性(JVN)

  2. Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性

    Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性

  3. Docker APIやH.323 プロトコルのポートに対するアクセスが増加(警察庁)

    Docker APIやH.323 プロトコルのポートに対するアクセスが増加(警察庁)

  4. コレガ製の複数の無線LANルータに脆弱性(JVN)

  5. アーカイブソフト「libarchive」に任意のコードを実行される脆弱性(JVN)

  6. 2013年にサポートが終了している「Apache Struts1」に複数の脆弱性(JVN)

  7. Microsoft Internet Explorer の mshtml.dll に起因する解放済みメモリ使用の脆弱性(Scan Tech Report)

  8. 「Apache Struts 2」の脆弱性への攻撃増加、および被害を確認(ラック)

  9. MDMツールで使用される「SCEP」の実装に、なりすましが可能な問題(JVN)

  10. トレンドマイクロ「Deep Discovery Inspector」にコード実行の脆弱性(JVN)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×