セキュリティを知る、守る、続ける--サイバーセキュリティ月間特設ページ(ラック)

2015年2月2日(月) 16時20分
このエントリーをはてなブックマークに追加
ラックのサイバーセキュリティ月間特設ページの画像
ラックのサイバーセキュリティ月間特設ページ
株式会社ラックは2月2日、サイバーセキュリティ月間の特設ページを公開した。サイバーセキュリティ月間は、内閣官房情報セキュリティセンターが設置し、日本国民が情報セキュリティに対する関心を高め、理解を深めてもらうことを目的に官民連携で推進するもの。3月18日までとなっている。ラックはこれを受け、特設ページを公開した。

特設ページは、セキュリティを知る、守る、続けるの3つのステップを軸に構成。「知る」では「セキュリティの基礎を知ろう!」「ラックからの新鮮な情報を手に入れよう!」「サイバーセキュリティ月間に、ラックの社員に会いに行こう!」、「守る」では「パソコンを守ろう!」「スマートフォンを守ろう!」、「続ける」では「知って守る、を続けるにはどうしたらいいかを知ろう!」として、同社の取締役である西本逸郎氏のメッセージを掲載している。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
インターネットからの攻撃によるインシデント、高い水準で推移(ラック)

ラックは、「JSOC INSIGHT vol.6」を公開した。2014年7月から9月にJSOCで検知した重要インシデントの件数推移では、7月1週および9月4週に検知件数が増加している。

icon
ラックと合弁でベネッセグループの基幹情報システムの運用・保守を担う専門機能会社を設立(ベネッセHD)

 ベネッセHDは1月15日、情報セキュリティ大手のラックと合弁で、ベネッセグループの重要な事業基盤である基幹情報システムの運用・保守を担う専門機能会社「ベネッセインフォシェル」を設立したと発表した。

icon
多くの企業の被害調査から得られた「標的型攻撃」に関する知見を公開(ラック)

ラックは、同社のサイバー救急センターが緊急対応や情報漏えい事故調査で得た情報をサイバー・グリッド研究所にて分析した「日本における、標的型サイバー攻撃の事故実態調査レポート(Cyber GRID View vol.1)」...

icon
ラックの知見を生かし、葛西臨海水族園においてIoTの実証実験(ラック、東京動物園協会)

ラックは東京動物園協会と協力し、スマートフォンとビーコンを用いた情報提供サービスを12月28日まで、葛西臨海水族園で実施すると発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト