ファイルの不要なデータを削除することで「無害化」するソリューション(アズジェント)

2015年1月29日(木) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
サニタイズの仕組みの画像
サニタイズの仕組み
Secure Data Sanitization for E-mail の処理フローの画像
Secure Data Sanitization for E-mail の処理フロー
株式会社アズジェントは1月28日、重要社会インフラ向けマルウェア対策ソリューションとして、イスラエルVOTIRO社の「Secure Data Sanitization(SDS)」の販売を開始すると発表した。SDSは、ファイルがマルウェアを含んでいる「可能性」を重視し、すべてのファイルをサニタイズ(無害化)するマルウェア対策製品。

一般的にエクスプロイトやマルウェアは、ファイルのメタデータや空ビットスペース、マクロの中に潜んでいる。SDSは、これらのデータをチェック、ファイルに不要なデータ部分を削除、あるいは意味のない情報に書き換えることで、攻撃用の実行ファイルを削除する。これにより、シグネチャの存在しない未知の攻撃も防ぐことが可能となる。

アズジェントでは、外部からのメールに添付されたファイルを自動的にサニタイズするソリューションとして、Microsoft Exchangeと連携した「Secure Data Sanitization for E-mail」、ファイルサーバでのファイルサニタイズをサービスとして提供する「Secure Data Sanitization Automatic Engine」をリリースする。また、Web Proxyシステムとの連携により構内からのWebアクセスに対するサニタイズソリューションの展開など、順次提供していくという。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
IMPERVAのSaaS型クラウドWAFをベースとしたWebサイト保護サービス(アズジェント)

アズジェントは、DDoS攻撃やWebサイト改ざんなどの被害からWebサイトを守るためのクラウドサービス「セキュリティ・プラス Webサイトプロテクションサービス」の提供を9月1日より開始する。

icon
Trend Micro Deep Securityを活用しAWSに特化したMSSを提供開始(クラスメソッド、アズジェント)

クラスメソッドとアズジェントは、協業によりアマゾン ウェブ サービス(AWS)に特化したMSSである、フート・セキュリティ(Hoot Security)を開始すると発表した。

icon
物理的なトークンを必要としない二要素認証ソリューションを拡販(アズジェント、Security Strings)

アズジェントと英Swivel Secure社の日本総代理店であるSecurity Stringsは、トークンレス二要素認証ソリューション「PINsafe」の販売において代理店契約を締結したと発表した。

icon
サイバー攻撃の可視化やセキュリティ担当者の負担軽減を目的に協業(アズジェント、トレンドマイクロ)

アズジェントとトレンドマイクロは、サイバー攻撃の可視化や企業のセキュリティ対策運用担当者の負担の軽減を目的に、サイバー攻撃の可視化・分析サービスにおいて協業したと発表した。

icon
「クラウド時代のセキュリティ“セキュア・クラウド”セミナー」レポート(アズジェント)

アズジェントは3月19日、セミナー「クラウド時代のセキュリティ “セキュア・クラウド”セミナー」を開催した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト