2016.06.28(火)

インターネットからの攻撃によるインシデント、高い水準で推移(ラック)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

株式会社ラックは1月21日、「JSOC INSIGHT vol.6」を公開した。本レポートは、同社JSOCのセキュリティアナリストによる日々の分析結果に基づき、日本における不正アクセスやマルウェア感染などのセキュリティインシデントの発生傾向を分析したもの。2014年7月から9月にJSOCで検知した重要インシデントの件数推移では、7月1週および9月4週に検知件数が増加した。7月はOpenSSLのChange Cipher Spec(CCS)の脆弱性(CVE-2014-0224)を悪用するCCSインジェクション攻撃、9月はGNU bashの脆弱性を悪用する攻撃(Shellshock)の検知が原因としている。

一方、内部から発生した重要インシデントの発生件数は、8月4週から9月1週に一時的に増加した。これは、オンラインバンキングのアカウント情報取得を目的とするマルウェア「Citadel」の検知件数が増加したためだという。インターネットからの攻撃による重要インシデントの検知件数は、4月から6月に急増して以降、7月から9月も引き続き高い水準で検知している。このほかvol.6では、トピックスとして「GNU bashにおけるコード実行の脆弱性を悪用する攻撃(Shellshock)について」「HTTP File Serverにおける任意コード実行の脆弱性を悪用する攻撃について」を挙げ、詳細に解説している。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 外部にさらされているインフラは東京が突出~SHODANで見る5都府県(トレンドマイクロ)

    外部にさらされているインフラは東京が突出~SHODANで見る5都府県(トレンドマイクロ)

  2. 最新のOWASPアプリケーションセキュリティ検証標準の翻訳版を公開(JPCERT/CC)

    最新のOWASPアプリケーションセキュリティ検証標準の翻訳版を公開(JPCERT/CC)

  3. デジタル・ビジネスへの移行におけるサイバーセキュリティの重要性に言及(ガートナー)

    デジタル・ビジネスへの移行におけるサイバーセキュリティの重要性に言及(ガートナー)

  4. システムログ管理の実態を調査、4種類のタイプと実装レベルも解説(IPA)

  5. 柔軟性の高いサイバーレンジシステムを九州大学が導入(NTTデータ先端技術)

  6. 「Angler Exploit Kit」によりEmdiviおよびZeusVMの感染が増加(ラック)

  7. 「Emdivi」の分析結果の詳細レポートを公開(マクニカネットワークス)

  8. 2016年第1四半期および2015年度のインシデント傾向を発表(ラック)

  9. 女子高生の半数以上が「ネット友達とリアルで会いたい・会った」--実態調査(デジタルアーツ)

  10. スマートフォンの紛失問題の調査結果を発表、1年間で142,706台が紛失(マカフィー、Ponemon Institute社)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×