2016.06.27(月)

多くの企業の被害調査から得られた「標的型攻撃」に関する知見を公開(ラック)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

株式会社ラックは12月16日、同社のサイバー救急センターが緊急対応や情報漏えい事故調査で得た情報をサイバー・グリッド研究所にて分析した「日本における、標的型サイバー攻撃の事故実態調査レポート(Cyber GRID View vol.1)」を発表した。本レポートは「標的型攻撃」について、国内で実際に発生した約80件の実例を調査・分析し、判明した事実を解説した日本初の技術レポートとなっている。また、複数の標的型攻撃の関連性についても解明を試み、その一端を紹介している。

レポートによると、攻撃に使われるツールは一般的に流通していないものや、流通するツールでも手が加えられたもので、ウイルス対策ソフトによる検出を回避しようとする意図が見える。また、最新の攻撃手法も常に取り込んでいることがうかがえるとしている。複数の標的型サイバー攻撃の痕跡から、同一の攻撃者が異なる企業を同時に狙っていたことが確認された。調査で発見されたマルウェアの通信先コンピュータのIPアドレスなどが、すでに調査済みの事案のものと同一だったことから、感染原因も同一であると類推し、早期解明につながったケースもあったという。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 最新のOWASPアプリケーションセキュリティ検証標準の翻訳版を公開(JPCERT/CC)

    最新のOWASPアプリケーションセキュリティ検証標準の翻訳版を公開(JPCERT/CC)

  2. デジタル・ビジネスへの移行におけるサイバーセキュリティの重要性に言及(ガートナー)

    デジタル・ビジネスへの移行におけるサイバーセキュリティの重要性に言及(ガートナー)

  3. 2016年第1四半期および2015年度のインシデント傾向を発表(ラック)

    2016年第1四半期および2015年度のインシデント傾向を発表(ラック)

  4. 2014年の個人情報漏えい、1件の大規模漏えいで人数、損害賠償額が大幅増(JNSA)

  5. 「Censys」の利用方法などを解説した改訂版を公開--テクニカルウォッチ(IPA)

  6. 安全に見えるアプリを連携させることで複合的な攻撃を行うケースを確認(マカフィー)

  7. 情報漏えいで発生した平均コストは400万ドル、その約6割が対応費用(日本IBM)

  8. システムログ管理の実態を調査、4種類のタイプと実装レベルも解説(IPA)

  9. サイト改ざんの報告件数が前四半期の1.5倍に増加--JPCERT/CCレポート(JPCERT/CC)

  10. 2011年の情報漏えい件数は1,551件、1件の想定損害賠償額は1億2,810万円(JNSA)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×