「BIND 9」などのDNSソフトに脆弱性、権威DNSサーバも限定的に影響(JPRS)

2014年12月10日(水) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
ISCによるセキュリティアドバイザリの画像
ISCによるセキュリティアドバイザリ
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は12月9日、複数のDNSソフトウェアにおける脆弱性について注意喚起を発表した。これは、ISCから「BIND 9」「Unbound」「PowerDNS Recursor」を含む複数のDNSソフトウェアにおける実装上の問題により、DNSサーバプロセスに対し外部からの攻撃が可能となる脆弱性が発表されたことを受けたもの。JPRSでは、該当するDNSソフトウェアを利用しているユーザは関連情報の収集および、バージョンアップなどの適切な対応を取ることを強く推奨している。

本脆弱性は、委任において設定される権威DNSサーバの台数や委任の段数、いわゆる外部名(out-of-bailiwick names)をたどる場合の参照の段数などに、適切な制限値が設定されていないために発生する。本脆弱性によって、namedやunboundなどのサーバプロセスがCPUやメモリ、ネットワークなどのシステム資源の過度な消費を引き起こし、結果として当該のサーバの異常動作やサービスの停止などにつながる可能性がある。本脆弱性は影響が大きく、かつBIND 9ではキャッシュDNSサーバに加え、権威DNSサーバにも限定的に影響を及ぼすと発表されている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
ドメイン名ハイジャックの被害を確認、誘導先サイトにマルウェアも(JPRS)

JPRSは、国内の組織が運用する複数の.comサイトが、ドメイン名の登録情報の不正書き換えによるドメイン名ハイジャックの被害を受けたという情報を入手したとして、注意喚起を発表した。

icon
「PowerDNS Recursor」にDoS攻撃を受ける脆弱性、対応を強く推奨(JPRS)

JPRSは、PowerDNS Recursorの脆弱性(DNSサービスの停止)について注意喚起を発表した。

icon
BIND 9.10.xにDNSサービス停止の脆弱性(JPRS)

JPRSは、BIND 9.10.xの脆弱性(DNSサービスの停止)について発表した。

icon
「BIND 9」にDoS攻撃を受ける脆弱性、対応を呼びかけ(JPRS)

JPRSは、「BIND 9.xの脆弱性(DNSサービスの停止)について」を発表した。

icon
「BIND 9」に意図しないアクセス許可の脆弱性、対応を呼びかけ(JPRS)

JPRSは、「BIND 9.xの脆弱性(サービス提供者が意図しないアクセスの許可)について」を発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト