プロダクトキーの不正販売で福岡県の男性を逮捕(BSA)

2014年11月28日(金) 17時34分
このエントリーをはてなブックマークに追加
BSAによる発表の画像
BSAによる発表
ビジネス ソフトウェア アライアンス(BSA)は11月28日、福岡県警サイバー対策犯罪課と粕屋署が11月20日、BSA加盟企業であるマイクロソフトコーポレーション(マイクロソフト)の商標権を侵害したとして、福岡県内の男性を商標法違反容疑で逮捕したと発表した。

男性は、マイクロソフトの商標の使用に関して何らの権限がないにもかかわらず、インターネットオークションを通じて、プロダクトキーを出品・販売を行うに際して、マイクロソフトが商標登録を受けている「Windows」に類似する商標を掲載し、商標権を侵害した疑いがもたれている。2014年になってプロダクトキーの不正販売案件に対し商標権侵害に基づく逮捕、起訴、有罪判決が続いているが、本件はその流れに沿うもの。BSAもプロダクトキーの使用対象とされたソフトウェアプログラムの鑑定等を通じて捜査協力を進めてきたという。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
ソフトウェアの不正コピーが横行する知財ブラック企業を改善していく姿を描いた連載漫画を公開(BSA)

 BSA | The Software Allianceは4日、不正コピーが常態化した“知財ブラック企業”で働くビジネスマンが、その環境を改善していく姿を描いた連載漫画「知財×ブラック」を公開した。

icon
クラックツールを提供した静岡県内の男性を起訴、全国で2件目(BSA)

BSAによると、宇都宮地方検察庁栃木支部が10月20日、クラックツールを提供した静岡県内の男性を不正競争防止法違反で起訴した。

icon
不正ソフトウェアを使用しない理由として「マルウェアによるセキュリティの脅威」が全世界で高い比率を示す(BSA)

 BSAは24日、世界110以上の国と地域を対象とした国際調査「BSAグローバルソフトウェア調査2013」の報告書を公開した。約22,000人の個人および企業のPCユーザーと2,000人超のIT管理者を対象に、34の国と地域で調...

icon
組織内違法コピーの通報が過去最多となる145件を記録、報奨金プログラムがきっかけに(BSA)

 BSA | The Software Allianceは5日、6月に寄せられた組織内違法コピーの通報が、1か月の通報数で過去最多となる「145件」を記録したことを発表した。これまでは2007年7月の「76件」が最多だった。

icon
「報奨金プログラム」開始後、製造、販売・流通など7割の業界で通報(BSA)

BSAは、「報奨金プログラム」開始後2週間で全30業界の7割を超す22業界から組織内違法コピーの通報があったと発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト