ドメインハイジャック、リスト型攻撃、不正送金など紹介--技術レポート(IIJ)

2014年11月26日(水) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
「Internet Infrastructure Review(IIR)」Vol.25の画像
「Internet Infrastructure Review(IIR)」Vol.25
株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は11月25日、インターネットの基盤技術に関する最新の技術動向や、セキュリティ情報を紹介する技術レポート「Internet Infrastructure Review(IIR)」のVol.25を発行した。今号では、2014年7月から9月までの3カ月間に発生したインシデントと期間中に発生したセキュリティ関連の着目すべき事象について解説するとともに、ストリーミング技術の最新動向、SDNソフトウェアスイッチ「Lagopus」の性能について取り上げている。

レポートでは期間内の主要なインシデントとして、国内の複数のサイトにおいて、登録情報の不正書き換えにおけるドメインハイジャックが発生したこと、リスト型攻撃による不正ログイン事件や、オンラインバンキングを悪用した不正送金事件は継続的に発生中であることなどを挙げている。また、歴史的日付に関連したインシデントが減少したことや、SSDPを踏み台とするDDoS攻撃が国内においても発生したことも紹介している。

フォーカスリサーチでは、多くのデバイスやサーバが影響を受けることから大きな問題となった「Shellshock」の脆弱性を取り上げているほか、「POODLE attack」の技術的背景と攻撃の現実性について解説。リスト型攻撃への注意喚起も行っている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
サンドボックス製品が検知したマルウェアを調査・解析するサービス(IIJ)

IIJは、マルウェアを検知・解析する「IIJマルウェア解析ソリューション」の提供を開始した。

icon
複数の正規サイトでマルウェアを配布した事例など紹介--技術レポート(IIJ)

IIJは、インターネットの基盤技術に関する最新の技術動向や、セキュリティ情報を紹介する技術レポート「Internet Infrastructure Review(IIR)」のVol.24を発行した。

icon
NTPサーバを踏み台としたDDoS攻撃が頻発--技術レポート(IIJ)

IIJは、インターネットの基盤技術に関する最新の技術動向や、セキュリティ情報を紹介する技術レポート「Internet Infrastructure Review(IIR)」のVol.23を発行した。

icon
クラウド型日本語入力システムは入力文字が漏えいする危険性(IIJ)

IIJは、IMEのオンライン機能利用についてブログで注意喚起を発表した。

icon
歴史的日付に関連したサイバー攻撃、予測よりも小規模に--技術レポート(IIJ)

IIJは、インターネットの基盤技術に関する最新の技術動向や、セキュリティ情報を紹介する技術レポート「Internet Infrastructure Review(IIR)」のVol.21を発行した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト