2016.07.29(金)

“見える化”を実現する「VISUACT」がネットワークセンサへ機能拡張(アズビルセキュリティフライデー)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

アズビルセキュリティフライデー株式会社は11月17日、“企業の内部ネットワークの見える化”を実現するネットワークセンサの最新版「VISUACT 3」を11月25日に販売開始すると発表した。最新版では、従来のファイルサーバの監視だけでなく、管理アクセス、認証、不正アクセスなど、見える化の対象を拡大し、将来のセキュリティ統合監視に欠かせない重要なネットワークセンサへと機能拡張したという。価格はソフトウェア・ライセンスが100万円から。

VISUACT 3は、従来の VISUACT が行っていたファイル共有などに使用されるSMB(Server Message Block)の解析に加えて、イントラネット Web のアクセスや DB アクセス等の認証を行う Active Directory、サーバ管理用の Windows インターフェイスの WMI (Windows Management Instrumentation)、産業システムで使われている DCOM (Distributed Component Object Model)、MS-RPC (Microsoft Remote Procedure Call)など、これまで内部ログに証跡が残らなかった Port 135 関連のプロトコルをカバーする。

アズビルセキュリティフライデー代表取締役社長の佐内大司氏によれば、「企業にとって、SMB はまったくいままで見えていない」という。

また、証跡性を高めるために、ログ改ざん検知機能を搭載した。ログ前後のハッシュを取得し、もし改ざんがあった場合アラートを出して操作されたことを検出することが可能(ログを元に戻すことはできない)。

システムへ影響を及ぼすことなく、安心して簡単に導入でき、権限分離によってサーバ管理者などの特権ユーザの管理管轄外で、証跡性の高い記録が残せること。改ざんされる可能性の高いサーバ内部ログと異なり、ネットワークの改ざんは難しいため、証跡性の高い記録が残せること。テキスト形式なので、ほとんどのSIEMやログ解析システムで利用できること。全パケットログの約1/1000サイズのテキストログのため、長期間のログ保存が可能になることなどが特長となっている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. IoTに関わる事業者を対象にIoTセキュリティ専門情報サイトを公開(トレンドマイクロ)

    IoTに関わる事業者を対象にIoTセキュリティ専門情報サイトを公開(トレンドマイクロ)

  2. メール無害化機能を搭載した「FortiMail」で自治体向けソリューション提供(フォーティネットジャパン)

    メール無害化機能を搭載した「FortiMail」で自治体向けソリューション提供(フォーティネットジャパン)

  3. 「CipherCraft/Mail」新バージョン、人間工学に基づき誤送信を防止(NTTソフトウェア)

    「CipherCraft/Mail」新バージョン、人間工学に基づき誤送信を防止(NTTソフトウェア)

  4. 「ポケモンGO」先行配信された海外では詐欺、出会い勧誘例も

  5. 八重洲に産官学連携の寄附講座、サイバーセキュリティのトップガンを育成(東京大学大学院情報学環)

  6. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  7. 鉄道施設内に「ポケモンGO」キャラクターが出現しないよう要請書を提出(鉄道事業者23社、一般社団法人社日本地下鉄協会)

  8. 「DDI」と「秘文」の連携でマルウェア感染拡大を防止(日立ソリューションズ、トレンドマイクロ)

  9. 人工知能を活用したアルゴリズムで未知の脅威の検知・駆除・追跡を実現(MOTEX)

  10. 立ち入り禁止区域に踏み込む危険性も、「ポケモンGOに関する注意喚起」を発表(総務省、消費者庁)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×