2016.07.24(日)

9割の大手企業でマルウェアをホストするWebサイトへのトラフィックを確認(シスコ)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

シスコシステムズ合同会社は10月8日、毎年2月に発行している「シスコセキュリティ年次レポート」の中期レポートを発表した。本レポートは、16社の大手多国籍企業をリサーチャーが綿密に調査したもの。対象は、2013年時点で合計4兆ドルの資産を保有し、売上が3,000億ドルを超えている企業となっている。この分析により、企業と悪意のあるトラフィックのつながりについて、セキュリティに関する切実な知見が3つ得られたという。

2014年の調査対象となった顧客ネットワークの約94%に、マルウェアをホスティングするWebサイトに向かうトラフィックが存在していた。具体的には、IPアドレスとして解決されるホスト名を求めるDNSリクエストの発行が、マン イン ザ ブラウザ(MiTB)機能を備えたPalevo、SpyEye、Zeusマルウェアファミリーの拡散に関連していることが報告されている。

また、約70%のネットワークが、ダイナミックDNSドメインを求めるDNSクエリーを発行していることがわかった。これは、DDNSを使用するボットネットによってネットワークが悪用または侵害され、IPアドレスの変更によって検出やブラックリストが回避されている証拠を示しているという。さらに、2014年の調査対象となった顧客ネットワークの約44%が、暗号化チャンネルサービスを提供するデバイスを備えたサイトおよびドメインを求めるDNS要求を発行していることがわかった。攻撃者は、暗号化チャンネルを使ってデータを退避させることで痕跡を隠し、検出を回避する。レポートではこのほか、エクスプロイトキットの大幅な低下や、マルウェアの異常な増加などにも触れている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 脆弱性報告、Webアプリが引き続き大半を占める--四半期レポート(IPA)

    脆弱性報告、Webアプリが引き続き大半を占める--四半期レポート(IPA)

  2. 検疫の現実解、次世代検疫ネットワークの違いと重要性

    検疫の現実解、次世代検疫ネットワークの違いと重要性

  3. スマートフォンの紛失問題の調査結果を発表、1年間で142,706台が紛失(マカフィー、Ponemon Institute社)

    スマートフォンの紛失問題の調査結果を発表、1年間で142,706台が紛失(マカフィー、Ponemon Institute社)

  4. iPhoneで推測されやすい危険なパスコードトップ10、「5683」の意味とは?(ソフォス)

  5. モバイルマルウェア感染の被害額、1台あたり106万円--グローバル調査(ルックアウトジャパン)

  6. 子どもが利用するスマホアプリを制限している保護者、全体の4割以下に留まる(トレンドマイクロ)

  7. CSIRT構築および運用の実態調査、構築時に定めるべき事項が明らかに(JPCERT/CC)

  8. 2014年の不正アクセス認知件数は3,545件、前年より594件増加(総務省ほか)

  9. 大規模DDoS攻撃が増加、ピーク時に289Gbpsを記録した例も--四半期レポート(アカマイ)

  10. 子供の学力を伸ばすためのスマホ、SNS利用とは(トレンドマイクロ)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×