2016.07.01(金)

Internet Week 2014 事前登録開始、今年も10を超えるセキュリティ関連セッション実施(JPNIC)

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)は9月16日、同センターが主催する今年17回目となる技術者向けイベント「Internet Week 2014」のプログラムの公開および事前登録を開始した。同イベントは11月18日から21日、東京 秋葉原の富士ソフト アキバプラザにおいて開催される。割引料金が適用される事前登録の締切は11月7日。

今年の開催スローガンは「あらためて“みんなの”インターネットを考えよう」で、セキュリティ関連セッションは、今年も10件を超えた。主なセキュリティセッションは以下の通り。

・11月18日(火)
「サイバー犯罪の動向とわが国のサイバーセキュリティ戦略」
「パーソナルデータ利活用およびデータプライバシーに関する動向」
「本当に身につくセキュリティの学び方」

・11月19日(水)
「DDoS 2014」
「必修!IPv6セキュリティ」
「標的型攻撃の現状と対策 2014~事実は小説より奇なり~」
「変化を乗り越える!インターネットルーティングセキュリティ」
「あなたの身近で起きているサイバー攻撃2014」


・11月20日(木)
「DNSのセキュリティ」
「CSIRT時代のSOCとのつき合い方」
「サイト管理者が知っておくべきSSLの秘孔(ツボ)」
「インシデント対応とデータ保全」
「第4回 日本インターネットガバナンス会議」
《高橋 潤哉》

編集部おすすめの記事

特集

研修・セミナー・カンファレンス アクセスランキング

  1. Hacker in the Rye ハッカーの夢見た社会 第7回 「特別レポート:エドワード・スノーデン、日本の全体主義と監視社会化を懸念」

    Hacker in the Rye ハッカーの夢見た社会 第7回 「特別レポート:エドワード・スノーデン、日本の全体主義と監視社会化を懸念」

  2. サイバーインシデント対応にはいくらかかる? 費用試算詳細とサイバーセキュリティ保険加入状況、保険料例

    サイバーインシデント対応にはいくらかかる? 費用試算詳細とサイバーセキュリティ保険加入状況、保険料例

  3. [Black Hat USA 2015] “無名”の日本のサイバーセキュリティ製品が Black Hat に挑戦するまで

    [Black Hat USA 2015] “無名”の日本のサイバーセキュリティ製品が Black Hat に挑戦するまで

  4. デロイト流「なんちゃってCSIRT」再生3つのアプローチ

  5. 高度IT人材の発掘~セキュリティ・キャンプの応募課題がすごすぎる件

  6. ScanNetSecurity勉強会レポート:サンドボックス製品使用実感比較

  7. Internet Week 2015 セキュリティセッション紹介 第2回「150分でわかるセキュリティ対応できる組織にする10のコツ」 についてISOG-Jの武智洋氏が語る

  8. セキュリティ・キャンプの参加者51名が決定、最年少は15歳(IPA)

  9. 大学生による高校生のための情報モラルワークショップ…LINEいじめ、不正請求にどう対応する?

  10. [RSA Conference 2016 USA] スキルとコスト低下で増加するDDoS攻撃、最新傾向「おとりDDoS攻撃」とは(NSFOCUS)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×