2016.07.30(土)

Internet Week 2014 事前登録開始、今年も10を超えるセキュリティ関連セッション実施(JPNIC)

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)は9月16日、同センターが主催する今年17回目となる技術者向けイベント「Internet Week 2014」のプログラムの公開および事前登録を開始した。同イベントは11月18日から21日、東京 秋葉原の富士ソフト アキバプラザにおいて開催される。割引料金が適用される事前登録の締切は11月7日。

今年の開催スローガンは「あらためて“みんなの”インターネットを考えよう」で、セキュリティ関連セッションは、今年も10件を超えた。主なセキュリティセッションは以下の通り。

・11月18日(火)
「サイバー犯罪の動向とわが国のサイバーセキュリティ戦略」
「パーソナルデータ利活用およびデータプライバシーに関する動向」
「本当に身につくセキュリティの学び方」

・11月19日(水)
「DDoS 2014」
「必修!IPv6セキュリティ」
「標的型攻撃の現状と対策 2014~事実は小説より奇なり~」
「変化を乗り越える!インターネットルーティングセキュリティ」
「あなたの身近で起きているサイバー攻撃2014」


・11月20日(木)
「DNSのセキュリティ」
「CSIRT時代のSOCとのつき合い方」
「サイト管理者が知っておくべきSSLの秘孔(ツボ)」
「インシデント対応とデータ保全」
「第4回 日本インターネットガバナンス会議」
《高橋 潤哉》

編集部おすすめの記事

特集

研修・セミナー・カンファレンス アクセスランキング

  1. 新種のマルウェアを用いて既存のアンチウイルス製品の検知率を測定(MOTEX、米Cylance Inc.)

    新種のマルウェアを用いて既存のアンチウイルス製品の検知率を測定(MOTEX、米Cylance Inc.)

  2. サンドボックスのログ監視、自社でするか外部にまかせるか? ~西鉄情報システムの事例から

    サンドボックスのログ監視、自社でするか外部にまかせるか? ~西鉄情報システムの事例から

  3. サイバー犯罪は経営に直結するリスク、全社横断で対応…発想の転換

    サイバー犯罪は経営に直結するリスク、全社横断で対応…発想の転換

  4. 東大生を対象とした「サイバーセキュリティ人材育成プログラム」を実施(DTRS)

  5. ScanNetSecurity勉強会レポート:サンドボックス製品使用実感比較

  6. 【Interop 2015】脆弱性を悪用した巧妙な攻撃や未知のマルウェア攻撃に対し、複数の段階ごとに罠をしかけ攻撃を阻止(パロアルトネットワークス)

  7. [Black Hat USA 2015] “無名”の日本のサイバーセキュリティ製品が Black Hat に挑戦するまで

  8. After Stuxnet、PLCの脆弱性の現実--制御システムセキュリティカンファレンス 2012

  9. Internet Week 2015 セキュリティセッション紹介 第11回「サイバー犯罪対策と国際連携」について インターネットセキュリティ専門家の佐藤友治氏が語る

  10. 【RSA Conference USA 2016】クリエイティブなセキュリティ人材を育てる組織文化~RSA キーノート

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×