2016.05.31(火)

22/TCP宛のパケット数が徐々に増加--定点観測レポート(JPCERT/CC)

レポート 調査・ホワイトペーパー

一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は7月17日、2014年4月から6月における「インターネット定点観測レポート」を公開した。本レポートは、インターネット上に複数のセンサーを分散配置し、不特定多数に向けて発信されるパケットを継続的に収集、宛先ポート番号や送信元地域ごとに分類したものを、脆弱性情報、マルウェアや攻撃ツールの情報などの情報を参考に分析したもの。

レポートによると、本四半期は22/TCP宛のパケット数が徐々に増加した。23/TCPについては、前四半期の2番目から減少して3番目にはなったが、依然として多いと言える状態。その他については、多少の増減はあるものの特筆すべき状況の変化は見られなかったとしている。注目された現象には、送信元ポート番号が53/UDPを使用するパケット(DNS応答パケット)と、DNSサービスのポート不達を示すICMPエラーパケット(Destination unreachable)を本四半期も多数観測した。これらのDNS応答パケットは、権威DNSサーバを狙ったDDoS攻撃の余波を観測したものとみている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

レポート アクセスランキング

  1. 特殊詐欺認知の確定値を公表、被害は首都圏から地方都市圏へ--年間レポート(警察庁)

    特殊詐欺認知の確定値を公表、被害は首都圏から地方都市圏へ--年間レポート(警察庁)

  2. 不正コピーされたソフトウェアの使用率、日本は18%と微減(BSA)

    不正コピーされたソフトウェアの使用率、日本は18%と微減(BSA)

  3. インターネット高依存群の6割以上がチェーンメールや断りなく写真をネットに載せられるなどの被害(警視庁)

    インターネット高依存群の6割以上がチェーンメールや断りなく写真をネットに載せられるなどの被害(警視庁)

  4. 狙われるCMS、改ざんされランサムウェアのC&Cサーバにされるケースも(ラック)

  5. オンライン詐欺の金銭被害、米国とマレーシアが20%でトップに(エフセキュア)

  6. ロジック解析エンジン型とシグネチャ型WAFの比較 前編(ペンタセキュリティシステムズ)

  7. 標的型攻撃/DDoS攻撃 徹底比較 [ホワイトペーパー抄録]

アクセスランキングをもっと見る

PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内
PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内

PREMIUM 会員登録するとすべての会員限定記事が閲覧いただけます。

×