2016.07.29(金)

セキュリティ対策の課題が内部のリスクに移行していることが明らかに(チェック・ポイント)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(チェック・ポイント)は6月30日、国内企業を対象としたセキュリティに関する調査結果を発表した。本調査は3月31日から4月24日、中~大規模の一般企業勤務の情報システム担当者やITサービス・プロバイダを対象に実施したもので、有効回答件数は145件。調査結果によると、全体の19.3%が実際に攻撃を受けたことがあると回答した。また、全体の48.9%は実際に攻撃を受けたことがあるかどうか分からないと回答しており、70%近くが実際に攻撃を受けているか、あるいは攻撃を受けたことがあるかどうかの実態を把握していないことがわかった。

セキュリティ対策機能や運用における課題としては、4割(38.4%)が「社員や利用者への教育」を挙げた。また、これから対策を強化するものとして3割が「データ流出防止対策」と回答していることから、セキュリティ対策の重要度が認知されるにつれ、外部からの攻撃に対してはある程度の整備が進んでいるものの、内部からのリスクという課題には着手されておらず、課題が外部からの脅威から、より企業内部へとシフトしてきている状況が明らかになった。セキュリティ対策製品の選択のポイントとしては、「セキュリティの信頼性」が73.9%と最も重要であると回答したが、次にポイントが高かったのは「運用のしやすさ」で、5割強(52.2%)に上っている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 「ポケモンGO」利用実態調査、歩きスマホをしたユーザーは34.0%に(MMD研究所)

    「ポケモンGO」利用実態調査、歩きスマホをしたユーザーは34.0%に(MMD研究所)

  2. 26%が最高デジタルリスク責任者(CDRO)を指名、独立した予算を設けるべき(BTジャパン)

    26%が最高デジタルリスク責任者(CDRO)を指名、独立した予算を設けるべき(BTジャパン)

  3. 約99%の企業が情報セキュリティ対策を実施、しかしその内訳は(総務省)

    約99%の企業が情報セキュリティ対策を実施、しかしその内訳は(総務省)

  4. Windows 10アップグレード肯定派は約7割、アップグレード後の不具合も6%(キューアンドエー)

  5. データロスやダウンタイムによる損失コスト、国際平均と日本を比較(EMCジャパン)

  6. Windows 10へのアップグレード、興味はあるが当面アップグレードしないユーザーが39.0%に(ジャストシステム)

  7. 脆弱性報告、Webアプリが引き続き大半を占める--四半期レポート(IPA)

  8. 日本の閲覧数上位50のWebサイトのうち、15のサイトで脆弱性のあるOSを使用(マクニカネットワークス)

  9. BYODユーザの6割以上が会社側にセキュリティ対策を望むも、実施は2.8%(MMD研究所)

  10. 日本の情報セキュリティ 2015 年度市場規模 9,000 億円 突破を予測、情報セキュリティ保険も伸長(JNSA)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×