2016.06.30(木)

データ保護を主眼としたセキュリティソリューションを提供(日本オラクル)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

日本オラクル株式会社は6月12日、同社のセキュリティに対する最新の取り組みについて発表した。セキュリティ犯罪は量的、質的に劇的に変化しており、その攻撃対象はサービス停止(DoS)でなければデータベース内のデータを狙う傾向にある。また、取り扱うべきデータベース内のデータ量は毎年倍増し、その中で取り扱う機密情報(会員情報、クレジットカード情報、機密情報、経営情報、センサー情報など)も増加している。こうした機密情報をデータベースに格納している組織は66%であり、その80%のITシステムはデータベースにセキュリティ対策を行っていない。一方でデータベースを狙う攻撃や、インシデント件数、内部犯行も増加傾向にある。

内部不正対策はデータベースにより近いところでの保護が必要であるが、攻撃者はサーバへ直接アクセスするためネットワークセキュリティやアプリケーションセキュリティでは保護できない。また、ストレージ暗号化はOSからは暗号化されていない状態で見えるため役に立たない。さらに特権ID(台帳管理)は悪意を持つユーザには対処できない。同社ではこういった課題を解決するソリューションとして「Oracle Maximum Security Architecture」を提案している。本ソリューションは、不正SQLを探知および遮断する「Audit Vault and Database Firewall」、証跡管理を行う「Audit Vault and Database Firewall」、DB管理者 職務分掌の「Database Vault」、アクセス管理を行う「Label Security」などで構成される。同社は、最高レベルのデータ保護まで提供できる唯一の企業であるとしている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. ソフトウェアテストの秀才集団、セキュリティ診断事業の「ヒト」の課題解決に取り組む(SHIFT SECURITY)

    ソフトウェアテストの秀才集団、セキュリティ診断事業の「ヒト」の課題解決に取り組む(SHIFT SECURITY)

  2. 宅急便やクロネコ等を騙る迷惑メールが多発、ヤマト運輸が注意を呼びかけ(ヤマト運輸)

    宅急便やクロネコ等を騙る迷惑メールが多発、ヤマト運輸が注意を呼びかけ(ヤマト運輸)

  3. 「TECHORUS SECURITY」ブランドでマネージドセキュリティ市場に本格参入(NHN テコラス)

    「TECHORUS SECURITY」ブランドでマネージドセキュリティ市場に本格参入(NHN テコラス)

  4. 新たに創設される支援士試験は、現行のSC試験と置き換わる位置づけに(IPA)

  5. ファイル検査も可能なインターネット分離クラウドサービスを提供開始(セコムトラストシステムズ)

  6. クラウド型Webフィルタリングサービスの新版、運用負荷軽減など機能強化(ALSI)

  7. スマートフォンセキュリティ 脅威の増加と利用時の留意事項 他(ダイジェストニュース)

  8. パスコードロックを全ユーザーに適用(Evernote)

  9. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  10. IoTのセキュリティは認証や通信、データの暗号化が特に重要な生命線に

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×