BIND 9.10.xにDNSサービス停止の脆弱性(JPRS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.02.21(火)

BIND 9.10.xにDNSサービス停止の脆弱性(JPRS)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は6月12日、BIND 9.10.xの脆弱性(DNSサービスの停止)について発表した。これは、BIND 9.10.xにおける実装上の不具合により、namedに対する外部からのサービス不能(DoS)攻撃が可能となる脆弱性が、開発元のISCから発表されたというもの。 ISCは、本脆弱性の深刻度(Severity)を「重大(Critical)」と評価している。BINDの9.10系列(9.10.0~9.10.0-P1)にはEDNS0のオプションの処理に不具合があり、特別に作成されたDNS問い合わせの処理において、namedが異常終了を起こす障害が発生する。

本脆弱性によりnamedが異常終了した場合、"REQUIRE" assertion failureを引き起こした旨のメッセージがログに出力される。また本脆弱性により、DNSサービスの停止が発生する可能性がある。攻撃はリモートから可能であり、かつ、キャッシュDNSサーバ/権威DNSサーバの双方が対象となる。さらに、本脆弱性はBIND 9に付属のDNSライブラリ内に存在するため、当該ライブラリを使用しているnamed以外のプログラムやアプリケーションなどにおいても、影響を及ぼす可能性がある。JPRSでは解決策として、本脆弱性を修正したパッチバージョン(BIND 9.10.0-P2)への更新、あるいは各ディストリビューションベンダからリリースされる更新の適用を、速やかに実施することを挙げている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. IoT機器を狙う「Mirai」やその亜種の感染を目的とするアクセスが増加(警察庁)

    IoT機器を狙う「Mirai」やその亜種の感染を目的とするアクセスが増加(警察庁)

  2. Amazonやマイクロソフトを騙るフィッシングメールを確認、注意を呼びかけ(フィッシング対策協議会)

    Amazonやマイクロソフトを騙るフィッシングメールを確認、注意を呼びかけ(フィッシング対策協議会)

  3. 「Apache Struts 2」にJavaコード実行の脆弱性、すでに攻撃コード公開(JVN)

    「Apache Struts 2」にJavaコード実行の脆弱性、すでに攻撃コード公開(JVN)

  4. メモリに潜んで痕跡を消す「見えない」標的型攻撃を確認(カスペルスキー)

  5. Microsoft Windows 8.1および10に脆弱性、DoS攻撃やコード実行の可能性も(JVN)

  6. 「WordPress」にWebサイトを改ざんされる脆弱性、すでに複数の被害を確認(JPCERT/CC、IPA)

  7. 「Steam」に悪用可能なセキュリティーホールを確認(reddit)

  8. Mozilla Firefox の nsSMILTimeContainer オブジェクトにおいてメモリ処理の不備に起因する Use-After-Free の脆弱性(Scan Tech Report)

  9. 攻撃者は不正接続先マシンを攻撃インフラとして使い回す--J-CSIPレポート(IPA)

  10. セキュリティ対策は最後のピース「自動化」が主流の技術に--2017年予測(ファイア・アイ)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×