偽メールにアカウント情報を入力、迷惑メールが大量送信される(岐阜県立看護大学)

2014年6月10日(火) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
岐阜県立看護大学による発表の画像
岐阜県立看護大学による発表
公立大学法人岐阜県立看護大学は5月20日、職員のメールアカウントに不正アクセスされ、当該職員のメールアドレスから多数の迷惑メールが送信される事案が発生したと発表した。これは5月13日21時、同学の職員が同学の利用しているWebメールの管理者を騙ったメールを開き、記載されていたサイトにアクセスのうえ、メールアカウントのユーザIDとパスワードを入力して送信したというもの。

この結果、5月14日15時から15日7時にかけてユーザ名とパスワードにより、同学のWebメールサーバへ41回にわたり不正にアクセスされ、当該職員のメールアドレスから約15,000通の迷惑メールが送信された。5月15日12時、当該職員のメールアドレスへの不明なメールの着信により、不正アクセスが発覚したという。今回のメールアカウントへの不正ログインにより、当該職員のメール内の送受信メール、アドレス帳から10名の個人メールアドレス、氏名等が閲覧可能であったが、閲覧されたか否かは不明としている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
ゴルフWeb予約システムへの不正アクセスでアドレスが漏えい、架空請求も(東京システムハウス)

東京システムハウスは、同社が運営するゴルフWeb予約システムサーバに不正アクセスがあり、利用者のメールアドレスが漏えいした可能性があると発表した。

icon
セガのWebサーバに不正アクセス、40以上の公式サイトを一時停止(セガ)

セガは、同社の一部Webサーバに不正アクセスが行われたことが判明したと発表した。

icon
会員専用WEBサービスへの不正アクセスは「OpenSSL」に存在する脆弱性を狙ったものであることが判明(三菱UFJニコス)

 三菱UFJニコスは4月18日、会員専用WEBサービスへの不正アクセスに関して、詳細を発表した。「OpenSSL」に存在する脆弱性を狙ったものであることが明らかとなった。

icon
「リーブ21」サイトが不正アクセスにより改ざん、公開を停止中(リーブ21)

リーブ21は、同社「リーブ21」Webサイトにおいて、第三者からの不正アクセスにより一部サイトが改ざんされていたことが判明したと発表した。

icon
不正アクセス行為が前年から1,700件増加、その後の行為は不正送金(警察庁)

警察庁は、「不正アクセス行為の発生状況及びアクセス制御機能に関する技術の研究開発の状況」について発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト