情報漏えい対策を多層的に導入している反面、運用面での課題も(ALSI)

2014年5月13日(火) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
導入している情報漏えい対策の画像
導入している情報漏えい対策
セキュリティ・インシデントの発生を見聞きしたことがあるかという設問への回答の画像
セキュリティ・インシデントの発生を見聞きしたことがあるかという設問への回答
見聞きしたことのあるセキュリティ・インシデントの内容の画像
見聞きしたことのあるセキュリティ・インシデントの内容
アルプス システム インテグレーション株式会社(ALSI)は5月12日、従業員数1,000名以上の法人に勤めるシステム管理者を対象に実施した「第11回 組織でのインターネット利用実態調査」の結果を発表した。今回の調査は、製造業、情報通信業、金融・保険業における情報管理の実態やシステム管理者のセキュリティ対策に対する意識を把握するとともに、法人のセキュリティ対策に求められる課題を明確にすることを目的に実施したもの。

調査結果によると、9割以上の法人で「情報を持ち出すこと」を前提に、社内の情報を社外に持ち出すためのポリシーやルールが策定されていた。導入している情報漏えい対策としては、「メールフィルタリング製品」「デバイスの利用制限製品」「ファイルの暗号化製品」など、さまざまな製品・サービスを多層的に導入している。また、顧客・取引先との情報授受方法については、「パスワード設定」(5割以上)、「暗号化」「セキュリティ機能付き外部記憶媒体」(ともに3割前後)などを中心に対策を行っていることがわかった。

運用面については、「手作業での暗号化」(26.4%)、「専用ソフトのインストール」(22.7%)など、作業負担に係る項目が上位だったほか、「パスワードが設定されているか見た目で判断できない」(17.3%)など、6割以上の管理者が何らかの不満を感じていることも明らかになっている。また、5割の管理者が「セキュリティ・インシデントの発生を見聞きしたことがある」とし、そのうちの27.3%が、直近2カ月間(2014年1月~2月)にインシデントを見聞きしたと回答しており、USBメモリなど「デバイスの紛失」が最多(7割以上)となった。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
情報漏えい対策シリーズ「InterSafe ILP」をバージョンアップ(ALSI)

ALSIは、情報漏えい対策シリーズ「InterSafe ILP」をバージョンアップし、4月2日より発売開始すると発表した。

icon
Windows XPサポート終了に伴うPC保護対策方法をホワイトペーパーで公開(ALSI)

ALSIは、ホワイトペーパー「ALSI Security Division Technical Report」を公開した。

icon
アクセスログ分析ソフトをバージョンアップ、分析機能など強化(ALSI)

ALSIは、Webフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」のアクセスログ分析ソフト「InterSafe LogDirector」をバージョンアップし、発売した。

icon
CODAが持つ著作権侵害サイトをWebフィルタリングソフトのDBへ登録(ALSI)

ALSIは、CODAが提供する著作権侵害サイトURLを、WebフィルタリングソフトのURLデータベースへ登録すると発表した。

icon
偽サイト被害防止の取り組みで大阪府警察本部と連携(ALSI)

ALSIは、大阪府警察本部と連携し、偽サイト被害防止対策に協力すると発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト