ATMやWi-Fiルータを狙うトロイの木馬を確認--3月のウイルス情報(Dr.WEB)

2014年4月23日(水) 18時57分
このエントリーをはてなブックマークに追加
Trojan.Skimer.19の動作画面の画像
Trojan.Skimer.19の動作画面
Android.Dendroid.1.originの認証画面の画像
Android.Dendroid.1.originの認証画面
株式会社Doctor Web Pacific(Dr.WEB)は4月22日、2014年3月のウイルス脅威について発表した。3月初旬にはATMを感染させるトロイの木馬が発見され、中旬にはWi-Fiルータをハッキングする悪意のあるプログラムが出現した。また、Androidを狙った新たな脅威も多く発見されている。「Dr.WebCureIt!」によって収集された統計によると、2014年3月に最も多く検出された脅威は、感染させたシステム上にアドウェアやリスクウェアをインストールする「Trojan.Packed.24524」で、広告トロイの木馬である「Trojan.InstallMonster.51」「Trojan.LoadMoney.15」「Trojan.LoadMoney.1」が順に続いた。

また、ブラウザプラグインとして導入され、開かれたWebページ上に広告などを表示させる「Trojan.BPlug」プログラムも複数発見されている。ATMを感染させる「Trojan.Skimer.19」は、3月初旬に発見された。ATMのOSを感染させると、は暗号化PINパッド(EPP:Encrypted Pin Pad)への入力を監視し、特定の組み合わせが入力されると、犯罪者からのコマンドを実行する。コマンドには、PINコードの復号化やホストファイルの改ざん、トランザクション数、カードやキーなどの統計情報の表示、ログファイルの削除、システムの再起動などが含まれている。

ブルートフォースを使用してWi-Fiルータのアクセスパスワードを解読し、デバイスの設定で指定されているDNSサーバアドレスを変更するマルウェア「Trojan.Rbrute」プログラムは、指定されたIPアドレスの範囲を使用してネットワークをスキャンする、辞書攻撃を行う、という2つのコマンドを実行する。これら2つのコマンドはそれぞれ独立したもので、トロイの木馬によって別々に実行される。モバイルにおいては、新たなトロイの木馬「Android.Dendroid.1.origin」や「Android.Backdoor.53.origin」などが確認されている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
Android向けのセキュリティ対策アプリにファイアウォール機能を追加(Dr.WEB)

Dr.WEBは、Android向けのセキュリティ対策アプリの新バージョン「Dr.Web 9.01.0 for Android」をリリースしたと発表した。

icon
Wi-Fiルータをハッキングするトロイの木馬を確認(Dr.WEB)

Dr.WEBは、ブルートフォースを使用してWi-Fiルータのアクセスパスワードを解読し、デバイスの設定で指定されているDNSサーバアドレスを変更するマルウェアを発見したと発表した。

icon
Android向け不正アプリの検知数は1日平均約30万件に(Dr.WEB)

Dr.WEBは、2014年1月のモバイル脅威について発表した。

icon
ブートキットとして動作するAndroidトロイの木馬、世界で35万台が感染(Dr.WEB)

Dr.WEBは、Androidを狙った危険なトロイの木馬について注意喚起を発表した。

icon
無料アプリの広告に注意、iPhoneユーザを狙う危険なリンクを確認(Dr.WEB)

Dr.WEBは、iOSユーザを標的とした悪意のある広告について注意喚起を発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト