2016.07.31(日)

200Gbps、53.5Mppsを超えるDDoS攻撃を確認--四半期レポート(アカマイ)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

アカマイ・テクノロジーズ合同会社(アカマイ)は4月21日、アカマイ傘下のプロレクシック・テクノロジーズ(プロレクシック)による2014年第1四半期(2014年1月~3月)の「グローバルDDoS攻撃レポート」を発表した。最も悪用されているプロトコルはCharacter Generator(CHARGEN)、Network Time Protocol(NTP)およびDomain Name System(DNS)であった。これらはすべてUser Datagram Protocol(UDP)ベースのプロトコルで、攻撃者が自分の正体を隠すことができるため多用されている。また増幅型の攻撃は、発信元からの出力を比較的少量に抑えたままで、攻撃対象に膨大なデータを送り付けることが可能になる。

新しいリフレクション、増幅型の攻撃ツールは強力な打撃を与えられることが特徴。第1四半期では、前四半期と比較して平均帯域幅が39%増加し、プロレクシックのDDoS保護ネットワークを経由する過去最大級のDDoS攻撃が行われた。この攻撃には、従来型のボットネット型アプリケーション攻撃に複数のリフレクション型テクニックを組み合わせたものが用いられ、ピークトラフィックは200Gbps、53.5Mppsを超えた。今四半期では、DDoS攻撃トラフィックの半数以上がメディア、エンターテイメント業界に対するものであり、DDoS攻撃中にプロレクシックが対応した悪意のあるパケットの54%がこの業界をターゲットとしていた。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. Windows 10へのアップグレード、興味はあるが当面アップグレードしないユーザーが39.0%に(ジャストシステム)

    Windows 10へのアップグレード、興味はあるが当面アップグレードしないユーザーが39.0%に(ジャストシステム)

  2. Windows 10アップグレード肯定派は約7割、アップグレード後の不具合も6%(キューアンドエー)

    Windows 10アップグレード肯定派は約7割、アップグレード後の不具合も6%(キューアンドエー)

  3. データロスやダウンタイムによる損失コスト、国際平均と日本を比較(EMCジャパン)

    データロスやダウンタイムによる損失コスト、国際平均と日本を比較(EMCジャパン)

  4. 約99%の企業が情報セキュリティ対策を実施、しかしその内訳は(総務省)

  5. 未成年のスマホユーザー数上昇する一方、フィルタリング利用率は調査開始以来の低水準(デジタルアーツ)

  6. CSIRTを設置するも、スキル不足などにより有効性に疑問を持つ日本企業(IPA)

  7. 日本の閲覧数上位50のWebサイトのうち、15のサイトで脆弱性のあるOSを使用(マクニカネットワークス)

  8. 2014年のサイバー脅威の標的は「個人情報」と「ボーダーレス化」(トレンドマイクロ)

  9. Netisi社製およびD-Link社製のルータに対するアクセスが増加(警察庁)

  10. 2016年第1四半期および2015年度のインシデント傾向を発表(ラック)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×