200Gbps、53.5Mppsを超えるDDoS攻撃を確認--四半期レポート(アカマイ)

2014年4月22日(火) 17時54分
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年第1四半期のDDoS攻撃の概要の画像
2014年第1四半期のDDoS攻撃の概要
DDoS攻撃を受けた業界はメディア、エンターテインメントが突出して多かったの画像
DDoS攻撃を受けた業界はメディア、エンターテインメントが突出して多かった
アカマイ・テクノロジーズ合同会社(アカマイ)は4月21日、アカマイ傘下のプロレクシック・テクノロジーズ(プロレクシック)による2014年第1四半期(2014年1月~3月)の「グローバルDDoS攻撃レポート」を発表した。最も悪用されているプロトコルはCharacter Generator(CHARGEN)、Network Time Protocol(NTP)およびDomain Name System(DNS)であった。これらはすべてUser Datagram Protocol(UDP)ベースのプロトコルで、攻撃者が自分の正体を隠すことができるため多用されている。また増幅型の攻撃は、発信元からの出力を比較的少量に抑えたままで、攻撃対象に膨大なデータを送り付けることが可能になる。

新しいリフレクション、増幅型の攻撃ツールは強力な打撃を与えられることが特徴。第1四半期では、前四半期と比較して平均帯域幅が39%増加し、プロレクシックのDDoS保護ネットワークを経由する過去最大級のDDoS攻撃が行われた。この攻撃には、従来型のボットネット型アプリケーション攻撃に複数のリフレクション型テクニックを組み合わせたものが用いられ、ピークトラフィックは200Gbps、53.5Mppsを超えた。今四半期では、DDoS攻撃トラフィックの半数以上がメディア、エンターテイメント業界に対するものであり、DDoS攻撃中にプロレクシックが対応した悪意のあるパケットの54%がこの業界をターゲットとしていた。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
新たなDDoS攻撃ツールの影響か、「NTP増幅DDoS攻撃」が急激な増加(アカマイ)

アカマイは、アカマイ傘下のプロレクシックがNTP増幅DDoS攻撃の非常事態を伝える「Threat Advisory」を発行したと発表した。

icon
2013年は最終的にDDoS攻撃が大幅に活発化--四半期レポート(アカマイ)

アカマイは、2013年第3四半期版「インターネットの現状」レポートを発表した。

icon
攻撃されるポートはWWWとSSL、DDoS攻撃は50%の増加--四半期レポート(アカマイ)

アカマイは、2013年第2四半期版「インターネットの現状」レポートを発表した。

icon
NTTコムとアカマイ、パートナー契約締結(NTTコミュニケーションズ)

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は18日、アカマイ・テクノロジーズ合同会社と「ネットアライアンス・パートナー契約」を締結したことを発表した。クラウドを活用したコンテンツ配信においてのパートナーシ...

icon
協業により、DDoS攻撃に対応するセキュリティソリューションを提供(ラック、アカマイ)

ラックとアカマイは、DDoSサイバー攻撃に対応するセキュリティソリューションの提供で連携し、サービスを開始した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト